アーセナルが王者に逆転勝利! リヴァプールは2度のミスから失点…南野は61分から出場

0

2020年07月16日 06:15  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真アーセナルとリヴァプールが対戦した [写真]=Getty Images
アーセナルとリヴァプールが対戦した [写真]=Getty Images
 プレミアリーグ第36節が15日に行われ、アーセナルとリヴァプールが対戦した。リヴァプールのFW南野拓実はベンチスタートとなり、61分から出場した。

 20分、アウェイのリヴァプールが先制する。相手GKのフィードを跳ね返したアンドリュー・ロバートソンから、ボールはジョルジニオ・ワイナルドゥムとロベルト・フィルミーノを経由して再びロバートソンの元へ。ロバートソンはグラウンダーで折り返し、最後はサディオ・マネが押し込んだ。

 32分、アーセナルが試合を振り出しに戻す。リース・ネルソンが相手DFフィルジル・ファン・ダイクにプレスをかけてパスミスを誘うと、アレクサンドル・ラカゼットがルーズボールにすかさず反応。ラカゼットは飛び出してきた相手GKを冷静にかわして、ネットを揺らした。

 すると44分、リヴァプールはアリソンがロバートソンへ送ったパスをラカゼットにカットされる。ラカゼットはグラウンダーで中央へ折り返すと、受けたネルソンが冷静にゴール右下へと流し込み、アーセナルが前半のうちに逆転した。

 63分、フィルミーノと代わって途中出場を果たした南野にチャンスが到来。マネのスルーパスから左足でゴール右下隅を狙ったが、わずかに枠の外へと外れる。67分にはゴール前でこぼれ球に反応しようとしたが、相手DFキーラン・ティアニーに抑えられフィニッシュまでは持ち込めなかった。

 リヴァプールは83分にジェルダン・シャキリとディヴォック・オリジを投入し、南野のポジションは一列下がった位置に変更。しかし、同点弾を決めることはできず、試合はこのまま終了した。アーセナルは3試合ぶりの白星、リヴァプールは4試合ぶりの敗戦となった。次節、アーセナルはFA杯準決勝を挟んでアストン・ヴィラと、リヴァプールは22日にチェルシーと対戦する。

【スコア】
アーセナル 2−1 リヴァプール

【得点者】
0−1 20分 サディオ・マネ(リヴァプール)
1−1 32分 アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)
2−1 44分 リース・ネルソン(アーセナル)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定