徹底した封じ込めが奏功=中国成長率

26

2020年07月16日 15:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 【北京時事】中国経済が世界に先駆けてプラス成長に転じた背景には、新型コロナウイルスの徹底した封じ込めが挙げられる。発生地となった湖北省武漢市を2カ月半にわたって「都市封鎖」するなど、全土で強権的とも言える移動制限を実施した結果、経済活動の早期再開にこぎ着けた。

 政府は海外からの入国規制に加え、国内でも省・直轄市・自治区をまたいだ移動に14日間の隔離を義務付けたほか、町内会に当たる「社区」ごとに住民の出入りを管理。4月には国内での感染をほぼ抑え込んだ。

 その一方、2月に湖北省を除く全土、3月には同省でも企業の活動再開を容認するなど、経済の立て直しを本格化。続いて隔離などの措置を段階的に緩和し、景気失速を食い止めることに成功した。

 ただ、6月には北京市の食品卸売市場で集団感染が発生し、300人以上が感染。現在はほぼ収束したものの、感染「第2波」や海外からの流入に対する懸念は根強い。政府は引き続き、封じ込めと経済正常化の両立という難しいかじ取りを迫られる。 

このニュースに関するつぶやき

  • 患者数もだけど、その成長率も「ホント?」ってのが中国。実際はどう何だか
    • イイネ!16
    • コメント 2件
  • いまだにロックダウンしている都市もあるのに? 「徹底した情報の封じ込め」の間違いだろうけど(笑)
    • イイネ!28
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(25件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定