【川崎・中原オープン結果】リンゾウチャネルが逃げ切り5走ぶりのV

0

2020年07月16日 20:40  netkeiba.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

netkeiba.com

写真繁田健一騎手騎乗のリンゾウチャネルが勝利(撮影:高橋正和)
繁田健一騎手騎乗のリンゾウチャネルが勝利(撮影:高橋正和)
 16日、川崎競馬場で行われた中原オープン(3歳上・OP・ダ2000m・1着賞金500万円)は、先手を取った繁田健一騎手騎乗の2番人気リンゾウチャネル(牡4、船橋・矢野義幸厩舎)が、先頭を譲らずゴールまで押し切り、2着の1番人気コスモカナディアン(牡7、川崎・河津裕昭厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分10秒2(重)。

 さらに1/2馬身差の3着に6番人気トキノパイレーツ(牡5、川崎・八木正喜厩舎)が入った。なお、3番人気ネコワシ(牡5、船橋・岡林光浩厩舎)は8着に終わった。

 勝ったリンゾウチャネルは、父モンテロッソ、母ワールドレデー、その父タヤスツヨシという血統。昨年は北海道3歳三冠を達成するなど7戦全勝の大活躍をして、今年から南関東に移籍。以降4戦して勝ち星をあげられないでいたが、ここで待望の南関東初勝利を飾った。通算成績はこれで19戦11勝。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定