「10年前、この日を確信」=藤井七段の師匠・杉本昌隆八段―将棋

2

2020年07月16日 21:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(17)が初タイトルとなる棋聖を獲得したことを受け、師匠の杉本昌隆八段(51)は16日、「新棋聖の誕生をうれしく思います。10年前、小学生の聡太少年に出会った時から、この日が来ることを確信していました。東海に持ち帰ったタイトルは大切に、いつまでも保ち続けてください」との談話を発表した。

 藤井七段にタイトル戦の最年少獲得記録を塗り替えられた屋敷伸之九段(48)は「おめでとうございます。日本中のファンに注目される中、堂々といい将棋を指して結果を出したのは素晴らしい」、羽生善治九段(49)は「最近の躍進ぶりを見ると、タイトル獲得は時間の問題と思っていました。内容も素晴らしく、目を見張るものがあります」とのコメントを公表した。 

このニュースに関するつぶやき

  • 弟子がタイトル取れたら師匠は弱くても評価される。でも杉本先生が違うのは、藤井聡太棋聖によって鍛えられB級2組や竜王戦2組に復帰したことだ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 弟子がタイトル取れたら師匠は弱くても評価される。でも杉本先生が違うのは、藤井聡太棋聖によって鍛えられB級2組や竜王戦2組に復帰したことだ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定