元ドイツ代表FWシュールレ、29歳で引退を表明…2014年ブラジルW杯優勝メンバー

5

2020年07月17日 22:57  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真2014年にW杯を優勝しトロフィーを掲げるシュールレ [写真]=Getty Images
2014年にW杯を優勝しトロフィーを掲げるシュールレ [写真]=Getty Images
 元ドイツ代表FWアンドレ・シュールレが、現役引退を表明した。17日、自身のSNSで伝えている。

 現在29歳のシュールレは2009年にマインツでプロデビューを果たすと、2013年から2シーズンはチェルシーでプレー。その後ドイツに戻り、2016年から所属したドルトムントでは日本代表MF香川真司ともチームメイトだった。今シーズンはロシアのスパルタク・モスクワへ期限付き移籍しプレーしたが、今月15日に所属元のドルトムントと契約を解消していた。

 ドイツ代表としては、2010年から2017年までプレーし57試合22得点を記録。W杯には2大会連続でメンバー入りし、2014年のブラジル大会では、決勝戦のMFマリオ・ゲッツェのゴールをアシストするなど優勝に大きく貢献した。

 シュールレはSNSで以下のようなメッセージを伝えている。

「僕はプロサッカーの舞台から離れようと思っている!自分と家族のために支えてくれた皆に感謝したい!皆がくれたサポートと愛は信じられないほどで、いつも想像以上のものをくれたんだ!」

「今、僕はこれから全ての美しい可能性に挑む準備ができている。とても開放的な気分だ」


このニュースに関するつぶやき

  • もったいな
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ショック(泣)
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定