これが“深入り注意”な既婚男性! 独身女性をひそかに狙うあるある行動4つ

1

2020年07月21日 17:02  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
出会いの場には、必ずしも独身男性がいるとは限りません。浮気癖のある既婚者男性が、息抜きとして婚活市場に出向いていることも決して少なくはありません。

あの人「不倫」してるよね…みんなが気づく“5つの違和感”

そもそも既婚者はすでに家庭を持っており、焦って相手を見つける必要がないので心に余裕がありモテる人が多いです。そのため、独身男性よりも落ち着いているため魅力的に見えてしまうなんてことも。

万が一不倫となると、相手の奥さんから「不倫相手」として訴えられてしまうなんてケースもあるので、注意が必要です。

そこで今回は、筆者や婚活女性の体験談を踏まえた上で、独身女性をひそかに狙う既婚者の行動、特徴あるあるを4つ紹介します。

好きになった人がなぜかいつも既婚者、いつも2番目にしかなれないという女性は参考にして下さいね。

■不倫関係に陥る前に! 注意すべき既婚男性の特徴とは?

■1: 「結婚願望がある」と出会ってすぐに話をする

本気度の高い男性ほど、最初から「結婚願望がある」という話を自ら行うことはありません。

なぜなら、男性も女性側をよくチェックしてから慎重に行動しようと考えているからです。

逆に、浮気相手を探している遊び人は、女性の気を惹くために「早く結婚したいんだよね」などと、平気で結婚願望をほのめかすような話をするのです。

また、既婚者男性は自分自身の夫婦関係、子育て、家族からヒントを得て、結婚後の生活をイメージできるような話を振ってくるなんてことも。

「結婚したら、子どもは二人で一緒に助け合って育てていきたいよね(このようなセリフを言う場合、もしかすると、すでに今配偶者と子育ての件で揉めている可能性がある。)」

「共働きするなら、子育てとの両立も大変だから、家事は二人で分担して行いたい」

など、結婚生活に対して妙に具体的に話を進めてくるのであれば、もしかすると相手はすでに既婚者である可能性が高いと考えた方が良さそうです。

■2: LINEやSNSを交換してくれない

これは筆者の体験談になりますが、元彼がLINEやSNSに関して「個人情報がダダ漏れだから、僕は登録しない」といって、決してSNSやLINEの交換をしようとはしてくれませんでした。

そのため、連絡のやり取りは全てショートメールかGmail。また、電話をしようものなら「電話するなら、先にメールしてくれないなんて非常識だ!」と感情的になって怒ることも。

私への態度や言葉、扱い方も、だんだん交際するにつれて乱暴になっていきました。

今思えば、元彼には女性からの連絡が頻繁にかかってきていたので、もしかすると彼女持ちか既婚者の可能性が高かったように思います。

SNSを嫌がったのも、証拠を残したくなかったからではないか、と今となっては思います。

もし、彼がLINEやSNSの交換を渋るようであれば、「なぜダメなの?」としつこく質問して相手の気持ちをチェックしてみましょう。

そこで歯切れの悪い答えしか返ってこないようであれば、心にやましいことを抱えている可能性大!

もしかすると、あなたは彼にとって一番の女性ではないのかも。このまま交際を続けるのは危険と考えた方が得策です。

■3: 二人きりでしか会ってくれない

もし、将来的にあなたのことを考えている男性であれば、友人や仕事関係、職場の人、家族など身近な人に積極的に会わせることでしょう。

それはあなたに知り合いを紹介することで安心してほしいという思いもあるし、もっと自分のことを知って欲しいという気持ちもある、もしくはあなたを「大切な存在」として親しい人に紹介したいという思いがあるからです。

しかし、あくまであなたと「男女関係」になることしか興味がない人は、友人知人、家族をあなたに紹介することはまずありません。

筆者も、既婚者疑惑のある男性と交際していた時に「家族や友達に会わせてほしい」と何度お願いしても「結婚願望が芽生えてからじゃないと、君には紹介できない」などという、訳のわからない言い訳で誤魔化されてきました。

その頃は彼の態度が理由で、気持ちが安定しない状態が続きました。どんどん不安が募った私はとうとう覚悟を決めて「半年以内に結婚してくれないと別れる」と詰め寄ったのです。

すると、「じゃあ無理」とあっさり断られてしまいました。おそらく、彼にとって私はただの都合のいい女でしかなかったのでしょう。

あなたに身内や友人を紹介してくれない男性とは、一緒に過ごしても時間の無駄です。

早く結婚したいのであれば、恋愛感情に見切りをつけて、お互いに友人や家族を紹介し合えるようなパートナーを探しましょう。

■4: ほんの少しだけ嘘をつく

筆者が過去に合コンで出会った既婚者男性のなかに、嘘と本当の話を織り交ぜて話すのが上手い人がいました。

彼は仕事の話を熱心にする人で、見た目もよくて一見「尊敬できる人」といった雰囲気の人でした。目が綺麗で、まっすぐ見つめられるとドキドキしたことを今でも覚えています。

彼はバツイチ既婚者子持ちなのですが、「実は離婚歴がある」と突然のカミングアウト。

そこから元嫁の愚痴が始まり、あげくの果てに「離婚はショックな出来事だったので、人をもう好きになることができない。だから、1対1の恋愛関係を築くのはもういいと思っている。君は顔がタイプなんだ。だから、僕の愛人の1人にならないか?」とのたまった上で、愛人の誘いを受けたことがありました。

もちろん、即行で断りました。

その後、彼がバツイチであることは間違ってはいなかったものの、その後できちゃった結婚をして今は既婚者である事実を友人から風の便りできいて、ゾッとしたのを覚えています。

既婚者の遊び人は、嘘をつくのが上手いので、くれぐれも調子のいい話を振ってくる男性には注意しましょう。



既婚者の遊び人は、自分の経験を織り交ぜた上で相手の興味を惹くような話をするのが上手です。

しかし、自分の説明が上手い人ほど、女性を口説くのに慣れた遊び人であるケースが多いので、真剣に相手を探している女性はくれぐれも注意しましょう。

このニュースに関するつぶやき

  • 「結婚生活に対して妙に具体的に話を進めてくるのであれば(中略)既婚者である可能性が高い」「将来的にあなたのことを考えている男性であれば(中略)身近な人に積極的に会わせる」‥‥一概に言えないんじゃね?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定