台湾ロスを癒やす「日本で楽しむ台湾」vol.3「おうちで台湾料理&スイーツ」

0

2020年07月27日 10:02  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
台湾ロスを癒す「日本で楽しむ台湾」vol.1【話題の映画】、台湾ロスを癒す「日本で楽しむ台湾」vol.2【おうちで台湾料理】に引き続き、台湾旅行に行けないみなさんのために、自宅で簡単にできる台湾グルメをご紹介。

【写真9枚】美味しそう♪ 台湾料理の作り方を写真でじっくり見る

台湾ではごく当たり前なあの朝ごはん、夜市のあの味がKALDIなどで売っている在留で手軽に、しかもリアルに再現できるのでぜひ試してみてほしい。

■ジャンボ唐揚げ

台湾と言えば夜市グルメ。そして夜市グルメの王道といえば、歩きながらかぶりつくジャンボ唐揚げではないだろうか?

あの唐揚げを自宅のキッチンで簡単に再現できる。そのヒミツはKALDIで売っている「台湾フライドチキンの素」(限定販売商品)だ。1つ194円で、中は2袋に分かれている。

上記の商品が手に入らなくても、醤油、日本酒、みりん、砂糖、生姜とニンニクのすりおろしに、スーパーなどで売っている五香粉を加えたものに漬け込めば、
一気に台湾夜市の味になる。

「台湾フライドチキンの素」 はパッケージを開けて、鶏胸肉やモモ肉を30分ほど漬け込み、あとは片栗粉をまぶして油で揚げるだけ。1袋で、モモ肉2枚は余裕で揚げられるので、194円で4人分ぐらい作れてしまう。

ドロッとしたケチャップのような色のタレにちょっと不安になりつつ、鶏モモ肉を漬け込む。最初から食べやすい大きさに切っておくと揚げる時間が少なくて済むが、気分を出すためにはできるだけ大きなまま揚げるべし。

モモ肉や胸肉はなるべく薄く開いて、皮をフォークで刺して穴を開けておくと火が通りやすい。

たっぷりの油に片栗粉をまぶした鶏モモ肉を投入すると、なんとそこは台湾夜市の香り。屋台がずらりと並んだ士林夜市の人混みに紛れ込んだような錯覚に陥る。

大きめの鶏モモ肉なら10分ほどしっかり揚げると、外はカリカリ、中はジューシーな唐揚げのできあがり。スパイスがたっぷり入っていてピリリと辛い。

クッキングシートなどの紙で包んでかぶりつけば気分も上がる。

KALDIでは手軽に台湾グルメを楽しめる調味料シリーズがいろいろ販売されているが、この「台湾フライドチキンの素」はかなり再現性が高い。

■ボリュームたっぷりのマントウ

台湾の朝ごはん屋さんでよく見かけるマントウも、実は身近な食材でわりと簡単に作ることができる。

スーパーなどで、強力粉(中力粉)とドライイーストが手に入ったらぜひトライしてみてほしい。

生地に牛乳や砂糖を少量混ぜ込むことで甘みが出て、そのまま食べてもおいしくなる。砂糖の代わりに黒糖を使えば黒糖マントウになる。

マントウというのは、中国北部ではもともと米の代わりに食べられていたもの。このため、味の濃い肉や魚料理を食べるとき、マントウを少しずつちぎりながら食べたりする。特に麻婆豆腐のような汁の多い料理には最適だ。インドカレーとナンのような関係だ。

マントウは半分に切ってハムや卵を挟んでもおいしくいただける。

■台湾式ドーナツ

最後は少しハードルが高いが、台湾で流行りのドーナツに挑戦してみたい。

台北の「脆皮鮮奶甜甜圈」は常に行列ができる人気店で、サクッとした衣が特徴のドーナツ。こちらも中力粉(または強力粉)、ドライイースト、牛乳などで生地を作る。

最大の特徴は、揚げる直前に天ぷらのように衣にくぐらせることだ。こうすることで、外はパリパリ、中はしっとりしたドーナツができる。

日本で再現するためにおすすめなのはKALDIのシュガーパウダー。コーヒー用のミルクパウダーで、砂糖が含まれているので甘い。

これを生地に混ぜたり、仕上げに使ったりすれば、かなり本場に近い味になる。

生地にはあまり砂糖やバターを入れていないので、ドーナツといっても甘さ控えめで軽い口当たりだ。
    ニュース設定