『監察医 朝顔』続編レギュラー陣決定 放送は2020年秋&2021年冬の2クール連続に変更

1

2020年07月28日 07:11  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真『監察医 朝顔』第2シーズン、レギュラーキャスト陣 (C)フジテレビ
『監察医 朝顔』第2シーズン、レギュラーキャスト陣 (C)フジテレビ
 女優の上野樹里が主演を務め、法医学者と刑事という異色の父娘を描く月9ドラマ『監察医 朝顔』第2シーズン(フジテレビ系)のレギュラーキャスト陣が決定し、志田未来、山口智子らが前シーズンから続投することがわかった。また併せて放送時期の変更も発表。当初、2020年夏&秋を予定していたが、2020年秋&2021年冬の2クール連続に変更され、東日本大震災を背景に描いた本作が、震災から10年の節目となる来年まで放送されることになる。

【写真】上野樹里、風間俊介ら『監察医 朝顔』第2シーズン撮影ショット

 2019年7月期に放送された第1シーズンでは、東日本大震災により母が行方不明となった経験を持つ法医学者・万木朝顔(上野)が、父のベテラン刑事・万木平(時任三郎)や夫の桑原真也(風間俊介)とともに、懸命に遺体と向き合う姿を描いた。

 今シーズンでも同様に各話で、主人公の朝顔と平(時任)たちが、さまざまな事件と遺体に相対していく。同時に第1シーズンよりも深く、朝顔が東日本大震災と母の死に向き合っていくこととなる。これを通して、被災した土地の“今”により具体的に迫り、2クール連続放送ならではの長期的な視点で、被災者の“心”を見つめていく。

 レギュラー陣には、第1シーズンに出演した、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、藤原季節、斉藤陽一郎、坂ノ上茜、田川隼嗣、宮本茉由、戸次重幸、平岩紙、杉本哲太、板尾創路、そして山口智子らの続投が決まった。

 主演の上野は「ドラマをご覧になられる皆さんと一緒に年末年始を迎えられる事を嬉しく思います。共演者、スタッフみんなで素敵なドラマになるよう精一杯作品づくりに励み、無事最後まで皆さんの元へお届け出来る事を願っています」とコメント。

 法医学教室主任教授・夏目茶子役の山口は「何気ない毎日が、かけがえのない奇跡のような瞬間であることを、心に蘇らせてくれる。それがドラマ『監察医 朝顔』です。“死”から目を背けず向き合うことで、今ある命を更に輝かせる力を生む。いつの世も変わらぬ大切なテーマを秘める『監察医 朝顔』に、再び関われることがとても嬉しいです」とメッセージを寄せている。

 月9ドラマ『監察医 朝顔』第2シーズンは、フジテレビ系にて2020年秋&2021年冬2クール連続で毎週月曜21時放送。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定