陶芸漫画『やくならマグカップも』アニメ化 出演は田中美海、芹澤優、若井友希、本泉莉奈

8

2020年07月29日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真アニメ『やくならマグカップも』のキービジュアル (C)プラネット・日本アニメーション/やくならマグカップも製作委員会
アニメ『やくならマグカップも』のキービジュアル (C)プラネット・日本アニメーション/やくならマグカップも製作委員会
 漫画『やくならマグカップも』がテレビアニメ化されることが決定した。あわせてキービジュアルとメインキャストも公開。元気な4人の女子高校生役として、豊川姫乃役を田中美海、久々梨三華役を芹澤優、成瀬直子役を若井友希、青木十子役を本泉莉奈が担当する。なお、実写パートも展開される。

【写真】陶芸に興味津々!キャストの田中美海、芹澤優ら

 同作は、2010年に岐阜県・多治見市の有志や企業が集まり「街を元気にしよう」というプロジェクトの一環からスタート。その中で地元IT企業のプラネットが、2012年より発行するフリーコミック『やくならマグカップも』が原作となっている。

 多治見市を舞台に伝統工芸品「美濃焼」をテーマにした4人の女子高校生が陶芸の魅力にのめりこんでいく青春ストーリーで、コミックスは現在32巻まで発売されている。

 公開されたキービジュアルでは個性豊かな4人のメインキャラクターたちが、長閑な平屋の風景の中、机の上には彼女たちが造ったのかさまざまな形の陶芸作品が並び、うれしそうにセルフィーしているビジュアルに仕上がっている。

 アニメ化決定に多治見市の古川雅典市長は「陶芸部員の女子高生が主人公であるこのフリーコミックは、地場産業である美濃焼の魅力を若い世代の方々に広くアピールしており、アニメ化によりさらに多くの地域、幅広い年代の方々に美濃焼を知っていただく機会になると確信しております」と喜び。

 「やきものの産業と文化が息づくこの地は、今、世界有数の一大生産地“セラミックバレー”として生まれ変わろうとしています。『やくならマグカップも』のアニメ化を受け、地元自治体として協議会を立ち上げ、まちをあげて全力で応援します。アニメ放送後、ご興味を持って頂いた多くの人々に多治見に来ていただければと思っています。おもてなしの心を持って、しっかりとした対応をしていきます」と意気込んでいる。

このニュースに関するつぶやき

  • 岐阜出身の声優は出るのかな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 『緋が走る』みたいな厳しい展開は無さそうね(−_−;)
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定