岡田健史&EXILE NAOTOが所沢への思いを語る『所沢Walker』 狭山茶、肉汁うどんなど内容盛りだくさん

0

2020年07月31日 12:41  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 岡田健史が表紙を飾る『所沢Walker』が、7月31日にKADOKAWAより発売される。


関連:【画像】所沢はカレーの名店が多いことでも知られる


 今号の第1特集は「地元自慢ランキングBEST50」。所沢を知り尽くした地元民2997人の口コミをもとに、絶品グルメやイベント、遊びスポットなど、所沢の魅力を厳選して掲載。国内初の飛行場で知られる「所沢航空記念公園」や狭山茶、肉汁うどんといった定番ネタから、増床を控えるグランエミオ所沢や大規模オーバーホールが完了した所沢市民文化センターの国内最大級のパイプオルガンなどの最新ネタも紹介されている。


 さらに注目の新スポット「ところざわサクラタウン」を徹底紹介。美術館や博物館、ホテル、ショップ、グルメ、神社なども同居する、国内最大級のポップカルチャーの発信拠点、「ところざわサクラタウン」。2020年11月6日にグランドオープン予定の同施設の魅力を、今回14ページの大ボリュームで紹介している。デザイン監修を務めた有名建築家、隈研吾氏のスペシャルインタビューも掲載。


 また「デリシャスカレー」特集では、所沢出身のEXILE NAOTOさんが市内の絶品カレー店をレポート。レトルトカレーをプロデュースするほどのカレー好きで知られる、NAOTOがレコメンドするお店を紹介し、インタビューページでは少年時代の記憶とともに、所沢への思いを語っている。


 ほかにも、人気マンガ『青春鉄道』と西武鉄道の「特急ラビュー」のコラボ読み切りマンガや、埼玉西武ライオンズの辻監督インタビュー、喜屋武ちあきのラーメンレポートなど、多彩な特集が満載。「ところざわサクラタウン」のオリジナル手帳や「特急ラビュー」のクリアファイルがもらえる特典も。


    ニュース設定