ラングドシャクッキーとどらやきを組み合わせた「ラングどら」、8月から京都駅と伊丹空港で販売

38

2020年08月03日 06:41  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

どらやき専門店「京菓子処洛心館」などを展開する鼓月は、ラングドシャクッキーとどらやきを組み合わせた「ラングどら」を販売する。

京菓子処洛心館の人気商品である「生どら」は、日持ちが短く、お土産としては持ち帰りしにくいことから、駅・空港専用お土産スイーツとして、日持ちが長く他にないどらやきを作りたいという想いから開発がスタートしたという。生地のフレーバーには、小豆・ほうじ茶・宇治抹茶の3種類を用意する。通常のラングドシャクッキー生地より少し厚めの生地で餡を挟むことで、サクッとしつつもしっとりしている新食感を生んだという。

値段は、いずれも税込みで、5個入りが918円、8個入りが1,404円、16個入りが2,808円。8月1日から31日まで、京都駅新幹線構内のグランドキヨスク京都店にて期間限定販売を行う。8月5日からは、伊丹空港北ターミナル2階出発ゲート内の「ITAMI Marché BLUE SKY」にて常設販売を行う。

このニュースに関するつぶやき

  • 売れるかなぁ。似たようなの売ってるよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 「ラング・ド・シャ」は(猫の舌)と訳すから、「どら焼き」とは親和性があるんだよ、のび太くん�Ԥ��Ԥ��ʿ�������(*´∀`*)
    • イイネ!24
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(20件)

あなたにおすすめ

ニュース設定