カルビー、初のグミ商品『ランチグミー』数量限定発売 1粒で口内すっきり、食後の新習慣に

47

2020年08月03日 14:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『ランチグミー』製品画像
『ランチグミー』製品画像
 カルビーは3日、新しい食領域における新商品販売についてのオンライン説明会を開催。昼食後の1粒で口内をすっきりさせることができる新しい食後習慣の確立を目指したハードグミ『ランチグミー 』を同日より、全国のカルビーアンテナショップにて数量限定 で発売すると発表した。東北、甲信越、首都圏エリア、広島県の一部コンビニエンスストアや駅売店などでも販売し、なくなり次第終売となる。

【画像】カルビー史上初のグミ商品!『ランチグミー』パッケージ

 同社は、2030年に向けた中期経営計画において、新たな食領域での事業創出を掲げており、史上初となるグミ商品『ランチグミー』は重点商品の1つ。今回の販売はテストマーケティングと位置づけており、販売実績やお客の声を受け、販売規模の拡大などを検討していく方針という。

 『ランチグミー』は、新たなコンセプトのヒット商品を生み出す社内チーム「Calbee Future Labo(カルビー・フューチャー・ラボ)」(以下、CFL)が手掛けた3つ目の商品。CFLは「圧倒的な顧客志向」を理念に掲げ、10〜70代の幅広い消費者へのインタビューを通じて顧客ニーズを探求し、商品開発に取り組んでいる。

 今回はインタビューで、多くのビジネスパーソンが「昼食後、歯磨きをしていない」「昼食後に時間や習慣がない」などの声を得たことで開発に着手。忙しくてランチ後の歯磨きができない人たちのために、手軽に食べられることや、ガムのように食べた後にゴミが出ないこと、噛んだ後口内に爽快感がしっかり残ることなどを考慮し、ハードグミにいきつきいた。

 開発にあたっては、パートナー企業の選定や社内でのルール作りなど、スナックやシリアルなどの既存事業とは異なる新しいカテゴリーであるがゆえの苦労もあったが、約3年の開発期間を経て、今回数量限定で発売する運びとなった。

 『ランチグミー』のグミの色は同社のコーポレートカラーでもある赤色で、フレーバーは食べた後に強い爽快感を得られるストロングミント味を採用。爽快感が口内にしっかり残るように噛み応えがある絶妙なかたさに仕上げている。麹菌S-03株発酵大豆エキスと乳酸菌LP28株を配合。昼食後1日1粒食べてもらうことを想定しており、1袋7粒入りの1週間分となっている。想定価格は200円前後(税込み)。

 パッケージのデザインは、気鋭のデザイナー・根津孝太氏を起用。メインターゲットである男性ビジネスパーソンが手に取りやすいよう、一般的なグミのパッケージとは一線を画し、白を基調としたシンプルかつ洗練されたデザインとした。商品名の『ランチグミー』は、一般的な「グミ」とは異なるターゲット・味覚であることから、新たなジャンル「グミー」とした。

このニュースに関するつぶやき

  • はいはい、プロモーションね
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • うちのグミの木は高くなりすぎて実が獲れない。(グミちがい)
    • イイネ!21
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(21件)

あなたにおすすめ

ニュース設定