元の飼い主に「どうしても会いたい」64キロを6週間かけて旅した猫(英)

8

2020年08月03日 21:52  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真6週間かけて旅した猫を抱く元の飼い主(画像は『The Sun 2020年8月3日付「A FUR OLD TREK Ginger tabby cat Garfield travels 40 MILES over seven weeks to find former owners after they rehomed him」(Credit: JOHN McLELLAN)』のスクリーンショット)
6週間かけて旅した猫を抱く元の飼い主(画像は『The Sun 2020年8月3日付「A FUR OLD TREK Ginger tabby cat Garfield travels 40 MILES over seven weeks to find former owners after they rehomed him」(Credit: JOHN McLELLAN)』のスクリーンショット)
新しい飼い主に引き取られた猫が「どうしても元の飼い主に会いたい」と64キロを6週間かけて旅をした。猫は外に出たことがほとんどなく、飼い主は「まさか戻ってくるなんて」と驚愕している。『The Sun』などが伝えた。

【この記事の他の写真を見る】

英ベッドフォードシャー州シリントンに住むネイル・ペインさん(Neil Payne、53)と妻のリーサさん(Leasa、43)は今春、成長した3人の子供たちが家を出たことをきっかけに、自宅で飼っていたオスの3歳のトラ猫“ガーフィールド(Garfield)” を手放すことにした。

新しい飼い主は、ネイルさんの自宅から約64キロ(40マイル)離れたロンドン北部インフィールドに住んでおり、6月8日にやってきてガーフィールドを引き取っていった。

しかし12日後の6月20日、ガーフィールドは新しい飼い主の家から突然姿を消し、行方不明になってしまった。4週間、5週間が過ぎ、ガーフィールドのことをほとんど諦めかけていた7月30日のこと。ネイルさん宅の玄関先に1匹の猫が現れた。

ネイルさんは「茶のトラ猫がドアの前にいてね。私を見ると鳴き始めたんだ。最初はそれがガーフィールドだとわからなくてね」と、当時のことを振り返る。

「そのうちリーサがやってきて、ガーフィールドの名前を呼んだら、その猫がジャンプしてきたんだよ。『まさか』と思ったけど、ガーフィールドはロンドン北部から、私たちに会うために64キロも旅してきたってわかったんだ。今でも信じられないよ。」


ネイルさんによると、ガーフィールドは室内で飼っていたそうで、「外に出たことがない猫がどうやって私たちを見つけだしたのか。本当に驚いたね。こんなことがあった後だし、もう手放すことはできないよ」と明かした。

ちなみに行方不明になった猫や犬を見つけ出すには、マイクロチップが有効だ。今年7月には英ノッティンガムシャー州で行方不明になっていた飼い猫が6年ぶりに、2018年には英ノーフォーク州の飼い猫が10年ぶりに飼い主と再会している。

画像は『The Sun 2020年8月3日付「A FUR OLD TREK Ginger tabby cat Garfield travels 40 MILES over seven weeks to find former owners after they rehomed him」(Credit: JOHN McLELLAN)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

このニュースに関するつぶやき

  • 確か島根県で���ä��ä��ʥͥ���が引っ越し先の松江から戻ってきた事例があったかな?(うろ覚え・・)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • その前に、そんなに可愛い飼い猫をなんで手放したの???
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定