「自分で描いた絵が動く」ARカメラアプリ登場 Twitterで「夢のようだ」と話題に

42

2020年08月04日 15:03  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真「らくがきAR」というワードがTwitterトレンド入り
「らくがきAR」というワードがTwitterトレンド入り

 コンテンツ制作スタジオのWhateverは8月1日、ペンやデジタルで描いたイラストをスマートフォンカメラで撮ると、その中のキャラクターなどが紙やモニターを飛び出して動き回るカメラアプリ「らくがきAR」をリリースした。価格は、先着1000ダウンロードまでは無料。それ以降は有料化する予定。3日時点ではiOSのみに対応する。



【その他の画像】



 ユーザーが描いたイラストに、動物や乗り物などを模したキャラクターが含まれる場合、スマホのカメラを向けると認識して3Dモデル化。AR(拡張現実)として現実世界に重ねて表示する。キャラクターの3Dモデルは、足や体などを動かして歩き回る。画面をタップすれば、食べ物型の3Dモデルを表示したり、追加で落書きをしたりして、キャラクターにちょっかいを出せる。



 ユーザーからは「自分の絵が紙から飛び出して動く。夢のような話が今実現した」「想像以上に楽しい」といった声が集まり、4日には「らくがきAR」というワードがTwitterトレンド入り。日本版の「App Store」の教育カテゴリーでは、無料アプリのランキングで1位を獲得している。


このニュースに関するつぶやき

  • パソコン用ソフトより、スマホ用アプリの方が、圧倒的に画期的で動作も軽い。。。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • へぇ〜!探してみよ!子供達喜びそう♪
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(20件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定