狂気の映像兵器「がんばれいわ!!ロボコン」をきみは見たか コロナ禍で撮影された映画の新時代の幕開け

371

2020年08月04日 18:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ロボコンが20年ぶりに帰ってきた!/(C)石森プロ・東映
ロボコンが20年ぶりに帰ってきた!/(C)石森プロ・東映

 現在公開中の映画「がんばれいわ!!ロボコン ウララ〜!恋する汁なしタンタンメン!!の巻」がすごいことになっている。



【その他の画像】



 パッと見では夏休みの子ども向けの劇場用映画という印象を持つだろうが、公開されるやいなや、Twitterでは目を疑う感想がたくさん投稿されたのだ。



・「1秒たりとも正気ではない映像災害みたいな作品」



・「映像を使った人間の脳への人体実験」



・「ずっと具合悪いときに見る夢みたい」



・「人間の理性や良識への宣戦布告」



・「ぜひ一時停止も早送りも逃げ場もない劇場で観てほしい」



 これはなんだ、何が起こっているんだ。あの映画「キャッツ」のような衝撃の映画体験、もしくは「時計じかけのオレンジ」のルドヴィコ療法的なものを覚悟しつつも、極端な感想に惑わされることなくフラットな気持ちで見ようと思っていた。



 結論を申し上げれば、映画「がんばれいわ!!ロボコン」はすさまじかった。みんな嘘は言っていなかった。上映時間はごく短いのだが、その中身は狂気でギッチギチだった。どういう気持ちになればいいかわからず、感情が迷子どころか島流しにあったんじゃないかと思った。なんなんだこれは。



 以下からは、中盤以降の衝撃の展開を伏せつつ、映画「がんばれいわ!!ロボコン」がすさまじい理由を記していこう。



●1:まっとうな経緯で復活したはずの「ロボコン」



 もともと「ロボコン」は石ノ森章太郎が原作を手掛けた特撮番組であり、1974年から1977年まで「がんばれ!!ロボコン」が、1999年から2000年には2作目となる「燃えろ!!ロボコン」も放送されていた。今回の映画は2作目からは20年、初代から数えればなんと43年という時を経ての復活になる。



 プロデューサーの白倉伸一郎氏によると、このたび「ロボコン」が復活したのは、カップリング上映の「人体のサバイバル!」と併映する実写作品の企画としてふさわしく、同じくアジア圏での認知があり、かつに今に至るまでの人気もあったことが理由なのだとか。すでに「ロボコン」のリメイク企画案はあったそうなのだが、今回は「人体のサバイバル!」とのバランスを考えたキッズムービーとして、一から作り直しているのだという。



 とてもまっとうな経緯で復活したはずの「ロボコン」だが……実際に出来上がったのは、前述した通り狂気という言葉が先に思い浮かぶ、とんでもない映画だった。



●2:開始5秒からおかしかった



 開始5秒でこの映画がヤバいことが分かる。ヘヴィメタルな音楽がガンガン鳴り響き、急激なスピードでズームインとズームアウトを繰り返して中華料理屋の店内を映し、女性が激しくヘッドバンギングをしながら料理を作っている。そこに天井を突き破ってやってきたロボコンは岡持ちに店主の頭をぶち込み、その子どもは「パパを出前してどうするんだよ〜」とツッコむ。正気の沙汰ではない。



 そもそも、サブタイトル通りに「汁なしタンタンメンが恋をする」というメインプロットから常軌を逸している。確認のためにもう一度書くが、「汁なしタンタンメンが恋をする」のである。なぜ食べ物に意思が生まれるのか、なぜしゃべるのか、そうした問いかけは一切行われない。その後にこの麺は地球征服も企んでいることも分かるのだが、そこでの論理のトンチキぶりはたくさんの脳細胞の死を覚悟するほどに難解である。



 この汁なしタンタンメンの声を担当するのは、人気声優の鈴村健一。彼が赤ちゃん言葉で父と慕うロボコンに語りかけ、飛びかかってチンゲンサイでおっぱいを吸おうとするシーンでは意識を失いかけた。確認のためにもう一度書くが、鈴村健一ボイス(赤ちゃん語)の汁なしタンタンメンがチンゲンサイでおっぱいを吸おうとする。さらに、登場する中華料理は汁なしタンタンメンだけじゃない。あんなヤツが現れ、あんなことになるとは誰が予想できるのだろうか。



 すでに狂気の釜の底にいるわけだが、ヒロインのロボットが起こすある騒動に至っては、もう斜め上だとか超展開だとかという言葉では足りない、「一体何を見せられているんだ」と思うしかない、悪夢のような光景がスクリーンに広がる。劇場からは子どもたちが呆気にとられる空気が確実に伝わってきた。



 その後は、汁なしタンタンメンの成長物語へと展開していく。麺は精神的に成長するんじゃなく物理的に伸びるものだと思っていたが、その既成概念が覆される衝撃のラストが待っている。信じてくれ。嘘は書いていないんだ。たすけて。



 恐ろしいのは、このどとうの展開がすさまじいスピードで繰り出されることだ。「ツッコミが追いつかない」どころか「ツッコむ隙が一切ない」のだ。あるのは、ただ狂気の禍中にいるという感覚のみ。Twitterの感想にあった通り、これは逃げ場がない劇場でこそ観るべき、全く新しい映像体験、いや映像兵器である。



●3:プロデューサー・脚本家・監督それぞれの意向が噛み合って生まれた奇跡



 そもそも、なぜ汁なしタンタンメンをフィーチャーしたのか? と誰もが思うところだが、白倉伸一郎プロデューサーはまず「ロボコンががんばる話」にしてほしいと脚本家の浦沢義雄氏に提案し、そのロボコンが失敗してしまう例として「例えば出前のタンタンメンの汁をこぼして、汁なしタンタンメンにしちゃうとか……」という具体例をあげたところ、浦沢氏が「あ、それいいね」と気に入ってしまったことがその理由だそうだ。



 その浦沢氏は、「激走戦隊カーレンジャー」「人造昆虫カブトボーグVxV」などの不条理ギャグ脚本で知られ、「ペットントン」という特撮番組では「横浜チャーハン物語」というシューマイとチャーハンが結婚式をあげる話を手掛けていたりもする。「汁なしタンタンメンが恋をする」物語を作り上げるのにも不思議はない(?)というわけだ。



 さらに、前述した冒頭でヘヴィメタルの音楽をかける演出や、汁なしタンタンメンがチンゲンサイでおっぱいを吸おうとするシーンは、浦沢氏の脚本には書かれていない、石田秀範監督のアイデアだったのだという。石田監督は白倉プロデューサーから「自由にやってください」と言われたため、リミッターを外して、思いっきり無邪気に撮ることができたらしい。



 つまり、「がんばれいわ!!ロボコン」にあふれる狂気は、プロデューサー・脚本家・監督それぞれの意向が噛み合って生まれた奇跡なのである。どれか1つでも歯車が狂えば、どこかでストップがかかって、もう少しだけでもまともな映画になっていただろう。



●4:コロナ禍で行われた、感染予防をした撮影はこれからの映画製作の見本になる



 本作はゴールデンウイーク明けに撮影を予定していたのだが、新型コロナウイルス感染拡大により撮影が延期されていた。実際にクランクインしたのは緊急事態宣言の解除から間もない、6月8日だったのだという。そのため、本作はソーシャルディスタンスの確保やマスクの着用など、感染予防対策を実施した上で撮影が行われた。



 例えば、メイキング映像では、出演者の清水ミチコが感染予防のためフェイスシールドをつけて現場入りする姿が収められている。



 他にも、飲食店を切り盛りするママ役の高橋ユウとパパ役の芋洗坂係長はマスクをつけて演技をしていたり、エキストラは(おそらく一般の方を呼べないため)撮影スタッフの中から選出されていたりもする。



 さらに、本作はオールアフレコでの体制を採っている。これにより、現場で“音待ち”をしなくていいため撮影をどんどん進めていけるというメリットが生まれていたのだという。



 結果的に、「がんばれいわ!!ロボコン」は緊急事態宣言が明けた後にクランクインした日本映画の中で、クランクアップも劇場公開も最も早い映画となった。映画作りがそのものが難しくなったコロナ禍の中で、しっかり感染予防をした上で作り上げたという事実は、掛け値無しに称賛されるべきであるし、これからの映画製作における1つの見本となるだろう。



 そういえば、劇中ではベロを伸ばして求愛行動をしてきたロボコンが、ヒロインのロボットにボコボコにされるというシーンがあった。無用な濃厚接触を良しとはしないという、コロナ禍の世相を反映した作劇かもしれない。気のせいかもしれない。



●5:短編アニメ「スプリンパン」もすごかった



 「がんばれいわ!!ロボコン」は、「人体のサバイバル!」の他に、約5分の短編アニメ「スプリンパン まえへすすもう!」も併映されている。こちらも「がんばれいわ!!ロボコン」と同じくすさまじい作品だった。



 内容はキャラクターたちが歌って踊るミュージカルなのだが、主人公の女の子のお供となるのが、“山どん”と“リンゴリーダー”である。この名前も見た目もアバンギャルドなキャラを受け入れる暇もなく、「こうして冒険が始まったのです〜」などと歌われている。ただし実際の冒険の内容は映像としては出てこず、同じステージで歌って踊っているだけなので、「こうして」と言われても冒険している感がなさすぎて納得できない。



 衝撃的なのは「家にいるお母さんを思い浮かべて旅の報告をするシーン」だ。3DCGではない、2Dのイラストで描かれた、夜空に浮かぶお母さんは、違和感とかそういう概念を超越していた。



 しかし、こちらもネタ的に紹介するだけでは申し訳ない要素もある。キャラクターたちの歌とダンスは全て、何と元劇団四季のメンバーや現役のダンサーが担当している。モーションキャプチャーにより、プロの技をアニメに取り入れているのだ。



 本作の監督・脚本(詩)・カメラワーク・編集・音楽監督まで務めた井上ジェット氏の意向については同氏がnoteでも詳しく書いている。とても志の高く、尊いメッセージのある作品でもあることがわかるので、ぜひ読んでいただきたい。



●6:ちゃんとしている良作「人体のサバイバル!」



 「がんばれいわ!!ロボコン」に続き「スプリンパン まえへすすもう!」も脳が常に異常信号を発するすごい作品であるが、最後に上映される「人体のサバイバル!」はちゃんとした良作アニメ映画だった。こちらを目当てに映画館に足を運ぶのも存分にオススメできる。



 「人体のサバイバル!」の原作は小学生を中心に絶大な人気を誇る“科学漫画サバイバル”シリーズで、その全世界での発行部数は3000万部を超えている。今回の映画は“腸の蠕動(ぜんどう)運動”や“赤血球の働き”などの人体のメカニズムも学びつつ、人体の中を冒険し脱出の術を探す様が描かれており、二転三転する展開はエンターテインメントとしてとても面白い。



 キャラクターはみんなかわいらしくて魅力的で、伏線回収もしっかりしていて、構成もクライマックスに向けて盛り上がるようにうまく計算されている。病気に立ち向かう人々を勇気付けるメッセージも、コロナ禍の世の中ではより響くものだった。同じく身体への理解が深まることで話題になった「はたらく細胞」が好きな方もきっと気にいるだろう。



 何より、「がんばれいわ!!ロボコン」と「スプリンパン まえへすすもう!」で狂いかけていた精神を、このまともな作風の「人体のサバイバル!」で正してくれたという功績は大きい。この3本の同時上映で本当に良かった、ありがとうといま一度感謝を告げたい。



●まとめ:どうせ何でも面白い



 「がんばれいわ!!ロボコン」は、劇中で「暴力は良くない!」と言葉にしていたり、主人公を“甘やかしすぎない”作劇もされていたりと、子ども向け作品としてまっとうなメッセージ性も備えている。ロボコンの声を務めた斎藤千和は見事にハマっているし、ヒロインのロボットを演じていた子役の土屋希乃もとてもかわいい(変顔のしすぎで撮影後は筋肉痛になったらしい)。スタッフとキャストが一丸となり、コロナ禍の中で猛スピードかつ全力で作り上げた作品であることは、疑いようもない。



 そうしたまともな要素もあるのにもかかわらず、それらが全編で吹き荒れる狂気の嵐のせいでかすんで見えるのである。いや、むしろまともな要素が全て狂気で塗り固められているというのがすごい、と言うべきか。



 ぜひ「がんばれいわ!!ロボコン」の狂気を全身に浴び、続く狂気のコンボ「スプリンパン まえへすすもう!」をくぐり抜け、ちゃんとしている「人体のサバイバル!」までたどり着くというサバイバル(脳への負担的な意味で)をやりぬいてほしい。一部の劇場ではさまざまな演出を体感できるMX4Dでの上映も行われているので、こちらで堪能してみるのも良いだろう。



 ちなみに、「スプリンパン まえへすすもう!」の劇中では「こうしなきゃいけない決まりなんてない、どうせ何でも面白い」という趣旨の劇中歌が歌われる。これはこの3作にある理念を完璧に表現している上、全ての創作物における、ある種の真実である。全くその通り、ここまでめちゃくちゃやっても(だからこそ)、面白いのだ。



(ヒナタカ)



参考記事:『がんばれいわ!!ロボコン』石田秀範監督が語る、悪戦苦闘「タンタンメン」の演技 | マグミクス


このニュースに関するつぶやき

  • 本日、鑑賞。確かに唖然とする場面もありましたが、浦沢先生の脚本作品としては、平常運転では? 昔、超合金を持ってた位、思い入れがあるガンツ先生が、本作では頭部しか映らないのは残念
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • これは良いレビューw 興味わいた。
    • イイネ!58
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(207件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定