“トリプル不倫”に巻き込まれ、ストーカーになった59歳のオンナ――「都会的モテ男」が法廷で見せたウラの顔

6

2020年08月05日 20:32  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

殺人、暴行、わいせつ、薬物、窃盗……毎日毎日、事件がセンセーショナルに報じられる中、大きな話題になるわけでもなく、犯した罪をひっそりと裁かれていく人たちがいます。彼らは一体、どうして罪を犯してしまったのか。これからの生活で、どうやって罪を償っていくのか。傍聴席に座り、静かに(時に荒々しく)語られる被告の言葉に耳を傾けると、“人生”という名のドラマが見えてきます――。

【#010号法廷】

罪状:ストーカー
被告人:R子(59歳)

<事件の概要>

 家庭を持ち、仕事は教育関係――はたから見れば“堅実な人生”を送っていた被告・R子は、2017年2月ごろ、スポーツジムで知り合った男性A氏(49歳)と不倫関係に。しかし、A氏はその前から、部下の女性・B美(41歳、当時は既婚)とも不倫関係にあり、R子は二股をかけられていた。そんな中、A氏は17年3月に“第3の女性”と結婚。R子・B美との関係も継続しており、“トリプル不倫”となる。

 B美との関係が彼女の夫に発覚し、A氏は慰謝料を請求される。A氏は妻の束縛がキツいことをR子に相談しており、2人は親密な交際を続けていた。しかし、R子との関係がA氏の妻にバレてしまい、A氏は別れを切り出す。R子は「納得できない」と別れに応じないどころか、A氏とB美の職場に、不倫を暴露したハガキなど13通の文書を送りつけ、嫌がらせ行為におよんだため逮捕。

 ……ざっくりまとめると、「愛人と別れるのに失敗した男が、痛い目に遭って警察に駆け込んだ」という事案です。法廷では、R子が逮捕に至った経緯が時系列で説明されましたので、下記にて整理してみます。

16年9月 A氏(上司)とB美(部下、当時は既婚)が不倫関係に。

17年2月 R子(被告)とA氏が不倫関係に。B美もR子の存在を認識。「子どももいるのに、そんなこと(不倫)する女は許せない」と、R子。
3月 A氏、第3の女性と結婚。「束縛がキツく、携帯電話をチェックされる」とR子に相談。R子名義で携帯電話を契約し、A氏にわたす。

18年2月 B美との関係が彼女の夫に発覚。A氏は慰謝料を請求され、R子に相談。
3〜4月 R子との関係がA氏の妻に発覚。
5月 B美が離婚。A氏、カフェでR子に別れを切り出す。R子は「納得できない!」と、周囲に聞こえるほどの大声で拒否。A氏はR子から「会社に(B子との関係を)バラす」と言われ、怖くなって逃げる。
6月 A氏・B美の会社に告発電話があり、B美はR子とはじめて対面することに。A氏はB美と会わないようR子を説得するも、失敗。A氏、大阪に左遷の内示が出る。
7月 匿名でA氏の会社にハガキが4通届く。その中には、A氏が女性用下着をつけている画像つきのものも。

19年4月 匿名でA氏の会社に封書が届く。「A氏は女から携帯電話と銀行口座の名義借りをしている。これは違法行為」との内容。A氏は警察に被害届を出す。R子逮捕。

 実はこの裁判、第1回公判の罪状認否で、被告・R子が「やっていません」と徹底抗戦の姿勢を見せ、非常に興味をそそられたため、第2回公判も傍聴しました。見せ場はなんと言っても、第2回公判で行われた、被害者A氏・B美の証人質問です。

 A氏と、その部下で“不倫相手1号”のB美は、1人ずつ法廷に登場。プライバシー保護のため、法廷と傍聴席の間は大きな衝立で遮られ、彼らの姿は見えませんでした。しかし、A氏はハキハキとした応答で、「プレゼン慣れしているキャリアサラリーマン」といった感じ。また、B美は被告・R子について「怒りのコントロールがきかない人間だと思います」と、考察まで披露します。

 A氏とB美が勤務するのは、東京・中央区が所在地の会社で、大阪にも支社もあるという、そこそこ大規模な会社。しかも、A氏は都内の高級住宅街に住み、ジム通いが日課なのだとか(法廷では、こんなプロフィールまで晒されます。気をつけましょう)。「こういうちょいワルオヤジ(死語)まだいるんだ!」と絶滅危惧種を確かめるように、思わず前のめりに。

 B美の夫から慰謝料を請求されていることを、R子へ頻繁に相談し、B美へ送るメールの返信文まで考えてもらっていたというA氏。それなのに、R子と別れ話でモメている際に「怖くなって、たまらなくなって」、結婚1年だった自身の妻を呼び出したとのこと。「都会的なモテ男」のはずが、証言が進むにつれて「ナヨナヨした男」に見えてくるのが不思議です。ちなみに、R子のことは「本気ではなく、ペットみたいな感じ」に思っていたとか……。は〜絶句!

 そんなA氏、B美に「(R子から)脅されて付き合っている」と泣き言を言ったかと思えば、R子とのLINEでは「じゃ、俺を縛って征服しろ」などとナルシシストな文言を送っていたそう(刑事事件の原告・被告になり、証拠採用されると、どんな“黒歴史メッセージ”も公文書となって公開されます。ますます気をつけましょう)。ここまでくると、A氏のパーソナリティが猛烈に気になってしまいます。

 やり手キャリアウーマン(B美)と、お堅い年上女性(R子)を遊び分け、めとったのは修羅場にも付き添ってくれる従順な女(妻)……脳内で果てしなく広がるのは、『課長島耕作』『黄昏流星群』で知られる、漫画家・弘兼憲史の世界。先生、この裁判を次回作の参考にしてはいかがでしょうか?

このニュースに関するつぶやき

  • ���ʥס��ɥ���スポーツジムで知り合った男性A氏(49歳)と不倫関係に!? 世も末だ!�����ޤ�
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 男が間抜けですよ。3人も女を。
    • イイネ!19
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定