もし原爆の日にSNSがあったら――NHK広島、実在する日記から当時の様子をTwitterで発信

56

2020年08月06日 16:43  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 NHK広島が今春に始めたTwitter企画「1945ひろしまタイムライン」が話題になっている。「もし75年前にSNSがあったら」というコンセプトで、同局のスタッフが1945年に広島で生活していた実在する3人の日記を基に、3人が75年前のちょうど同じ日につぶやいていそうな内容を再現したツイートを投稿している。



【その他の画像】



 Twitter上に開設したアカウントは、広島の新聞社で記者をしていた「一郎さん」、広島市に疎開していた「やすこさん」、中学生の「シュンちゃん」の3つ。8月6日には午前8時ごろから、3人が原爆を受けたの様子を「先ほどの母親はもう動かなかった」「空は嫌な色に曇っている」「全滅 広島が?」といったツイートをそれぞれリアルタイムに更新している。



 75年前のつぶやきを再現するため、NHK広島のスタッフは当時の日記や資料を調査した他、日記に書かれた内容を実際に体験した。料理を再現したり日記に書かれた道を実際に歩いたりして「この人だったらどんなことを投稿するか」を想像したという。



 ツイートの内容は日記を書いた本人の証言を尊重しているため、本人が事実を間違って認識していた場合など、歴史的に正しい内容ではない可能性もあるとしている。



 ツイートは劇作家の柳沼昭徳さんが監修。柳沼さんは企画について「広島は平和や原爆、核廃絶といった言葉とともに世界中の人々に記憶されてきたが、(原爆を体験していない)次の世代の人々が、これらの言葉に実感を保ち続けることは、そう簡単なことではない」と、当時の空気感を伝えたいとしている。


このニュースに関するつぶやき

  • 悪趣味だし下品というかとても不愉快。そもそも昭和初期にインターネットがあったら戦争なんて起こらなかったかもしれないし、国民同士の情報交換で戦争で亡くなる人も増減したかもしれない。言っちゃ悪いけど、こんなのに協力した戦争体験者もおかしいし企画者もおかしい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 批判的なつぶやきが多いけど、今朝の『あさイチ』を見ていないんだろうな。記事には「スタッフが」とあるが実際には3人と年齢の近い一般の人達が話し合って投稿しているし、シュンちゃんは存命で彼らと対話もしている。Twitterという現代のツールを使う事で若い世代への訴求力もあるだろう。
    • イイネ!21
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(38件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定