英文学者の外山滋比古さん死去 96歳、著書に『思考の整理学』

2

2020年08月06日 18:47  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ベストセラーとなった外山滋比古さんの著書『思考の整理学』(筑摩書房)
ベストセラーとなった外山滋比古さんの著書『思考の整理学』(筑摩書房)
 著書『思考の整理学』で知られる、英文学者でお茶の水女子大名誉教授の外山滋比古さんが7月30日に胆管がんで死去していたことが6日、分かった。96歳。

【写真】今もなお毎年重版となっているベストセラーを生んだ外山滋比古さん

 1986年に刊行した外山さんの代表作『思考の整理学』(ちくま文庫)は、累計発行部数253万部を超える大ベストセラーに。刊行から30年以上経った今もなお、年間平均約10万部の重版が出続けており、毎年の大学生協書籍ランキングにも必ず名を連ねる、大学生定番の必読書として時代を超えて読み継がれている。

 筑摩書房によると、同書の8月27日出荷分より追悼帯巻きでの搬入を予定しているという。

 外山さんは1923年生まれ。東京文理科大学英文科卒業。『英語青年』編集長を経て、東京教育大学、お茶の水女子大学などで教鞭(きょうべん)を執った。著書に『思考の整理学』『ことわざの論理』『「読み」の整理学』『知的生活習慣』『伝達の整理学』(筑摩書房)など多数。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定