狩野氏が語る阪神・サンズが日本野球に順応している理由

6

2020年08月07日 09:13  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真阪神の新外国人・サンズ(C) Kyodo News
阪神の新外国人・サンズ(C) Kyodo News
 MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神−巨人戦』でフィールドキャスターを務めた狩野恵輔氏が、阪神・サンズについて言及した。

 新外国人のサンズは開幕二軍スタートだったが、6月27日に昇格すると、同日のDeNA戦で来日初安打となる第1号3ランを放った。7月は月間打率.321、5本塁打、17打点、得点圏打率は.615と勝負強さを見せた。

 狩野氏は勝負強さが際立っているサンズについて「もともと韓国で打点王を獲っていますし、強引に引っ張るわけではないので、打点を稼げているバッターなのかなと思っています」と分析。

 サンズの良いところについては「最初は真っ直ぐに遅れて空振りになっていたんですけど、最近は真っ直ぐをファウルにできている。真っ直ぐをファウルで逃げられると、バッテリーとしては厳しいんですよね。しっかり変化球が打てるので、日本の野球とマッチしていると思いますね」と語っていた。

(提供=MBSベースボールパーク)

このニュースに関するつぶやき

  • ボーアに話題が集中していたが、フタを開ければサンズが3番に収まっている。ボーアもキャンプのときみたいに、逆方向へ打てれば・・・
    • イイネ!8
    • コメント 6件
  • ボーアに話題が集中していたが、フタを開ければサンズが3番に収まっている。ボーアもキャンプのときみたいに、逆方向へ打てれば・・・
    • イイネ!8
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ニュース設定