自分のルックスはイケてる!都道府県ナルシスト男性ランキングに1位輝いた、ちょっと意外な都道府県

2

2020年08月07日 09:20  Suits-woman.jp

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Suits-woman.jp

写真写真

人は他人について、気軽に「あの子かわいい」「ブサイク」といったルックスに関する評価をしがちです。しかし、それが自分に対する評価ならどうでしょうか?自分のルックスがいいのか悪いのか……、客観的に判断するのは難しいものです。

男性の6割は自分のルックスを中クラスと自己分析している

そこで今回ご紹介するのが、全国の男性1000人を対象に行なった「容姿の自己評価に関するアンケート」。まず自分の容姿について「下の下」から「上の上」までの9段階で自己評価してもらったところ、以下のような結果となりました。

同じ調査を女性を対象に実施したらどんな分布図になるのでしょうか?ちょっと気になります。

もっと多かったのは全体の3割が占める「中の中」。それに続くのは「中の下」(18.6%)、「中の上」(14.3%)となっており、全体の約6割とりあえず“中クラス”を選んでいることが分かります。そして「下の下」「下の中」「下の上」という“下クラス”の合計は約3割で、「上の上」「上の中」「上の下」という“上クラスの合計は1割。ざっくり分析すると、世の男性は6割が中、3割が下、1割が上という自己認識であることが分かります。

ただ同調査で「生まれ変わったら、また同じ顔に生まれたいですか?」と尋ねたところ「もっとかっこよくなりたい」と答えた人は53.0%だそう。それに続くのは、38.9%を占めた「今のままがいい」となっています。つまり上グループでなくても現状で問題ないと考えている人は、思いのほか多いのです。

男性の場合はルックスだけではなく、筋力も重要?

自分のルックスに自信がない都道府県はあるエリアに集中!

続いて同調査では、47都道府県それぞれでも「容姿の自己評価に関するアンケート」を実施。「上の上」が最高の9点で、評価が下がるにつれ1点ずつ減点。「下の下」は1点として各都道府県のポイントを計算しています。そしてそのポイントが高い都道府県を、ルックスに対する自己評価の高さを表した「ナルシスト偏差値」で算出。その結果は次の通りとなりました。

調査対象は各都道府県約50名。年代が偏らないように各年代の人数も極力均一になるように回答者を選んだそうです。

ファッションなどの流行発信地であり、いかにも自己評価の高い人が多そうな東京は2位を抑え、トップに輝いたのは広島県!広島の男性は「〇〇じゃけん」の言葉などでなんとなく硬派なイメージ(映画「仁義なき戦い」に出演した菅原文太さんの影響?)が強いので、ちょっと意外な結果となりました。ちなみに広島県は全都道府県で唯一、最低評価の「下の下」を選んだ人が0人だったそうです。ナルシストというより、自分に自信がある人が多いのかもしれません。

逆に自己評価が最も低いのは「山形県」で、ナルシスト偏差値はわずか27.2。それに続くのは「秋田県」(偏差値28.9)、「岩手県」(偏差値31.1)と、東北3県が上位を占める結果となっています。東北の人は謙虚なのでしょうか?あまり卑屈になりすぎず、自信をもってほしいところです。

【調査概要】
調査主体:株式会社HANABISHI
調査方法:インターネット上でのアンケート調査
期間:2020年07月21日 〜 2020年07月27日(複数回にわけて実施)
回答者数:全国調査は1,000人、都道府県別の調査は2,291人
回答者居住地:日本全国
回答者年齢・性別:20歳〜80歳の男性
本調査における回答者の年代は、極力均等になるようにしています。

このニュースに関するつぶやき

  • 自分の容姿を高く評価するのは、それが客観的に見てもその通りだからに過ぎないという人もいるだろうに。ナルシストとイコールではないだろ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定