巨人は「世界に誇れる新球場を」と期待の声も…東京ドーム改修でプラン消滅か

4

2020年08月07日 16:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真巨人の本拠地・東京ドーム(写真/gettyimages)
巨人の本拠地・東京ドーム(写真/gettyimages)
 東京ドームの総額約100億円規模の改修が発表された。新型コロナウイルス禍という世界的問題解決のための画期的取り組みである。しかし、ファンからはあまり注目を浴びていない。なぜなら期待していた新球場建設が、当面は消滅したからだ。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

「世界トップレベルの清潔・安全・快適なスタジアムを目指す」

 巨人、読売新聞、東京ドームの3社代表が集結して大々的に発表されたプロジェクト。

 世間が混乱状態にある中、いかにして興行を成り立たせるか。お客さんの安全を担保できるように現状の東京ドームに手を加えることにした。

「ウイルス対策を最優先した。音楽や演劇、アミューズメント施設などと同様、プロスポーツ界も生き残りに必死。それは天下の巨人でも変わらない。1日でも早くお客さんに安心して来場してもらい、通常営業に近い形に戻さないといけない。夢の新球場建設ではなく、現実路線を選択せざるを得なかった」(スポーツ関連にも精通する経済誌ライター)

 コンコースに大型送風機を30台設置するなどして、場内の換気能力を飛躍的に高める。階段等の消毒作業を徹底するとともに、女子トイレや洗面台も増設し密状態の緩和を図る。「東京ドーム・新型コロナアラート」を導入し、感染者の追跡できるシステム構築など、来場者の安全を担保するための施策が具体的に発表された。

 同時にファンサービス向上のための改修もいくつか発表された。

 23年開幕に向けてはバックスクリーンのメインビジョンを現行面積の約3.6倍に拡大し国内最大級のものにリニューアル。そして利便性とウイルス対策のため、22年には球場内完全キャッシュレス化を目指す。他には内野席にスイートルーム新設などもある。

「ファンからすると目新しさは見つからない改修」と前出の経済誌ライターは続ける。

「ウイルス対策に万全を期するのは伝わってくる。しかしエンタメ空間としてはどれも二番煎じ。キャッシュレス化は慣れてくれば便利かもしれないが、混乱も予想される。現状で採用する楽天主催試合では高齢者などを中心に、使いこなせない人が続出している。また仮想現実体験ができるVRの時代に、ビジョンの大きさと美しさだけがウリでは物足りない」

 88年3月開場で築32年が経つ東京ドームは、大きな特徴も歴史も持たない古い球場となった。小手先の改修だけでは印象は変わらない。

「マツダスタジアムは新球場建設の成功例として語られる。大きな理由は約140億円の経費で建設したこと。今回、東京ドームにかける改修費は約100億円と発表された。東京都と広島県では土地や物価など異なる部分が多く、単純比較はできない。しかし同じくらいのお金を使うなら新球場建設を、という声が聞こえるのも理解できる」

「以前から新球場の有力候補地の名前は水面下で出ていた」

 具体的な場所がいくつか取り上げられていた、とスポーツマーケティング関連会社代表は解説してくれる。

「注目されたのは築地市場跡地。銀座から徒歩圏内であり、東京湾岸という絶好の場所だった。しかし豊洲新市場移転の遅れなども絡み、時間だけが過ぎて行く中で今回のウイルス問題が起こった。東京都としても球場建設に関わっている場合ではない」

 広島・マツダスタジアムの成功で、巨人は新球場の必要性を感じている。自前球場を持つことで収益も桁違いに増える。老朽化した東京ドームからの移転は早い方が良かったが、様々な問題が重なり計画を進められなかった。

「渋谷区代々木公園周辺も候補にあった」と続ける。

 サッカー専用スタジアム建設が濃厚なNHK本社のすぐ近くが候補だった。代々木体育館やストリートバスケのメッカもある好立地。周辺駅からのアクセスも良く、ライバル球団ヤクルトの神宮球場までも徒歩圏内。野球が盛り上がる要素満載の場所だった。

「ウルトラC案としてNHK社屋が築地跡地に移転、新球場とサッカー専用スタジアムの両方を代々木に集結させる案まで上がったほど。代々木公園を世界に誇れるスポーツ空間として再整備できる。オタク系・秋葉原などとともに、『クールジャパン』発信地にと目論んでいた。NHKも定期的に巨人戦中継をおこなうなど、両者の関係も良好だった。可能性はゼロではなかったが、他競技等にイニシアチブを握られた格好」

 流行最先端の街、渋谷である。巨人は地元に携わる人々の関心の波を掴み損ね、その間に地元の関心はバスケBリーグなどへシフトしてしまったようだ。

「新球場待望論から時間をかけ過ぎた。現・東京ドームのある文京区水道橋は最高の立地。山手線内の中心地で読売本社にも近い。昭和時代から『巨人=後楽園球場(東京ドーム)』と定着していた。球界の盟主として人気を誇り、興行としても成り立っていた。巨人としては余程のことがない限り、という思いもあったのだろう。現状で二の足を踏んでいる間に時間だけが経ち、候補地は他の用途に使用されてしまった」

 長年、巨人取材をおこなっている在京テレビ局記者は語る。

「野球中継がCSやネット配信に移行しつつある。その中でNHKは定期的に、巨人戦地上波中継をおこなってきた。良い関係性の中でNHK、日本テレビ、読売新聞がチームを組んでの渋谷移転なら、インパクトは相当だった。野球界全体の底上げが期待できるとして、我々もかなり期待した。今回の改修発表で当面は現存の東京ドームを使い続けるとハラを決めたのではないか。ただし、これもどうなるかはわからない。日本が世界に誇れる野球場を建設するのは、巨人であるべきだと思うのだが」

 7月の東京都知事選前、築地周辺市民から「市場跡地に新球場建設を望む」という声が聞かれた。いまだに新球場が望まれているのは間違いない。

 現実的にウイルス対策が必要なのは理解できる。しかし明るい話題が少ない中、ファンが望んでいるのは、夢のある話だ。安全が保証されていても、変化のない球場ではやはり味気ない。勝つだけでなく、それ以外の付加価値を誰もが求め始めている。








このニュースに関するつぶやき

  • 巨人→改修した新神宮球場(総天然芝球場)。ヤクルト→さいたま市大宮公園野球場が良いと思う。さいたま市と所沢市は交通の便が悪い。さいたま市に球団が無いのはもったいない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 屋根とるだけでいいんちゃう?如何様ベースボール反対、唐栗ドーム反対
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定