F1 70周年記念GP FP1:全車がソフトタイヤのみを使用する珍しいセッション。ボッタスがトップタイム

1

2020年08月07日 21:01  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2020年F1第5戦70周年記念GP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2020年F1第5戦70周年記念GP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
 先週の第4戦イギリスGPと同じシルバーストン・サーキットで、連続開催される第5戦70周年記念GP。今週末は、かなり暑い天候が予想される。ただし午前11時からのフリー走行1回目(FP1)は、気温25度、路面温度34度と、むしろ先週よりやや低温のコンディションで始まった。

 イギリスGPを欠場したセルジオ・ペレス(レーシングポイント)は、再検査でも新型コロナウイルス陽性が確認され、今週末もニコ・ヒュルケンベルグがステアリングを握る。一方アルファロメオはアントニオ・ジョビナッツィに代わって、ロバート・クビサがこのセッションを担当した。

 セッション序盤から全ドライバーが、いきなりソフトタイヤで走り始めた。2戦続けてのシルバーストンだが、今週末は一段階柔らかいタイヤコンパウンドが供給される(C1,C2,C3→C2,C3,C4)。そのため未知のC4を試す目的と思われる。

「2周プッシュしただけで、左フロントがダメになってる」と、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)。他の多くのドライバーも、今週末のソフトを保たせるのに苦労している。イギリスGP明けに雨が降り、路面グリップが落ちていることもあるようだ。

 開始後40分を終えた時点で、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、メルセデスとの来季の契約が決まったばかりのバルテリ・ボッタスが1-2。シャルル・ルクレール(フェラーリ)、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)がハミルトンから0.7、0.8秒落ちで3、4番手。ヒュルケンベルグが約1秒遅れで5番手に付けている。この時点でマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はノータイム。左フロントサスペンションに不具合が出ているようだ。

 終了30分前に、フェルスタッペンも周回を再開。すぐに3番手のタイムを出した。ちなみにホンダはこのグランプリに向けて、「戦略的な理由から」レッドブル・ホンダの2台のパワーユニットを全交換している。

 ボッタスが0.1秒差でハミルトンから首位を奪い、そのままセッション終了。3番手フェルスタッペンから0.05秒の僅差でヒュルケンベルグ。ソフトでのロングランペースも良く、2戦目にしてすっかりレーシングポイントマシンに馴染んだようだ。ルクレール5番手。アルボンはひどいアンダー傾向を訴えて、首位から1.1秒落ちの6番手。アルファタウリ・ホンダ勢は、ダニール・クビアト9番手、ガスリー11番手だった。

 最初から最後まで、全20台がソフトタイヤのみを使用し続けるという、珍しいフリー走行となった。セッション終盤には多くのマシンで、左リヤタイヤのブリスター、右フロントタイヤのひどい摩耗が見られた。

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定