F1 70周年記念GP FP2:ハミルトンが最速でメルセデス1-2。終盤にはフェラーリにトラブル発生

1

2020年08月08日 01:01  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2020年F1第5戦70周年記念GP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第5戦70周年記念GP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
 2020年F1第5戦70周年記念GPの金曜フリー走行2回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4番手、アレクサンダー・アルボンは11番手となっている。

 午後になると、シルバーストン上空は薄い雲に覆われ始めた。セッション中の降水確率は40%。気温30度、路面温度は40.8度まで上がった。風は先週からほぼ変わらず、南東から吹いている。メインストレートでは、追い風だ。

 最初に出て行ったハースのケビン・マグヌッセンやアルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは、ミディアムタイヤ(前戦でのソフトタイヤ)を装着した。一方ダニエル・リカルド(ルノー)は、ハードタイヤを選択している。

 序盤はソフトを履いたランス・ストロール、ニコ・ヒュルケンベルグのレーシングポイントが1000分の3秒差で1-2番手。直後にミディアムのバルテリ・ボッタス(メルセデス)が、ふたりに1秒以上の差を付けて首位を奪っている。ソフトを履いたルイス・ハミルトン(メルセデス)は、やや渋滞につかまったことが響いたか、トップタイムを出したものの、ボッタスとの差はわずか1000分の6秒だ。

 レッドブル・ホンダ勢はともにミディアムで周回し、マックス・フェルスタッペンはメルセデス勢から0.5秒差の3番手。アルボンはさらに0.7秒落ちの7番手に留まった。リカルドとエステバン・オコンにハードで走らせたルノーを例外として、他の9チームはソフトとミディアムでのデータ収集に専念している。リカルドもその後ソフトに履き替え、フェルスタッペンをしのぐ3番手タイムを叩き出した。

 ミディアムで周回を重ねるシャルル・ルクレール(フェラーリ)は、同じコンパウンドのヒュルケンベルグより0.3秒ほど遅い。一方ソフトのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は、アルファタウリの2台とほぼ同じロングランペースだ。ルノーの2台は再びハードの中古に履き替え、1分32秒台前半のタイムを刻んでいる。ルクレールの右リヤタイヤは、中央部分にひどいブリスター(火ぶくれ)が発生し、振動が激しくなったところでピットに戻った。

 終了7分前、ターン8を全開で立ち上がったベッテルのマシンが、突然減速。オイルをまき散らしながら、コプスのコース脇で止まった。その4分後には、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)がターン12でストップ。赤旗が出され、セッションはそのまま終了した。トップはハミルトン。ボッタス、リカルド、フェルスタッペンが続き、レーシングポイントのストロール、ヒュルケンベルグが5、6番手。アルボンは11番手、クビアト、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が12、13番手だった。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定