20周年迎える「ゾフ」初の研究開発機関を設立、リブランディングの一環

0

2020年08月08日 01:22  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真ゾフ アイパフォーマンス スタジオ ロゴ画像 Image by: ゾフ
ゾフ アイパフォーマンス スタジオ ロゴ画像 Image by: ゾフ
 「ゾフ(Zoff)」が、初の研究開発機関「ゾフ アイパフォーマンス スタジオ(Zoff Eye Performance Studio)」を設立した。

 研究開発機関の立ち上げは、視力矯正器具としてのメガネに新たな付加価値を与えることを目的としたリブランディングの一環で、ゾフ アイパフォーマンス スタジオではより専門的な目に関する研究を進め、人間のパフォーマンスを向上させるための新たな機能、商品、サービスを開発。機械学習やディープラーニング、IOTなどを活用し、目を酷使する職業のパフォーマンス向上をアシストするフレームやレンズをはじめ、目の疲れ具合を数値化するサービスなどの開発に取り組むという。
【あわせて読みたい】「ゾフ」追加料金0円化でブルーライトカットの受注件数が大幅に増加、昨対比62倍に

    あなたにおすすめ

    ニュース設定