快&次郎に一体何が…?PR動画の衝撃シーンに反響『未満警察』“逆襲篇”

0

2020年08月08日 09:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

中島健人と平野紫耀がW主演を務めるドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー 』(日本テレビ系、毎週土曜22時〜)の第7話が今夜放送される。

前回の第6話は、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(と平野紫耀)の「先輩バディ」とも言える教官・片野坂(伊勢谷友介)と刑事・柳田(原田泰造)の人生も巻き込んだ大事件が露わになり、助教の蘭子(吉瀬美智子)も期せずして関わっていた事が発覚し、それぞれの人生を大きく狂わせることになる「逆襲篇」がスタートした。

その「逆襲篇」の幕開けにふさわしく、6話の冒頭は、地面に刺さったスコップと、その横にはまるで地面から手首が生えているかのように人が埋められて殺されている…という殺人事件が発生する衝撃的なシーンで幕を開けた。



その事件は、9年前に発生した連続殺人事件と同じ手口だった。しかし、その事件を起こした“スコップ男”と呼ばれる猟奇殺人犯は既に逮捕され、死刑が確定していることから、世間では「9年前の事件は冤罪ではないか?」という議論が持ち上がっていた。


テレビのニュースで快と次郎もこの事件を知り、「9年前の事件は冤罪かもしれない」と疑問を持ち、同期たちと独自に模擬捜査を行うことにする。



快と次郎が模擬捜査を行っている中で、警察学校助教の及川蘭子(吉瀬美智子)の元に、9年前に“スコップ男”として逮捕された天満暁生(佐戸井けん太)の息子・智也(柿澤勇人)が訪ねてくる。智也が蘭子に銃を向けているのを快と次郎は目撃し、蘭子を助けようと飛び込むが、そこに智也の姉・直子(長谷川京子)も現れ、蘭子と快、次郎は人質として捕らえられてしまう。


直子と智也は、父・暁生は冤罪であると主張。蘭子に「親父は無実だ。本当のことを聞きたい」と迫る。9年前は交通課に所属していた蘭子は、暁生が3件目の事件を起こしたとされる日にスピード違反で取り締まっており、暁生の事件時のアリバイを証明できるはずだと訴える。蘭子も9年前、その事実を認識していながらも、警察上層部の指示により、その事実を隠蔽したことを告白するのであった。



次郎と快も、冤罪で苦しむ2人の訴えを聞くうちに、“二人を助けたい”と思うようになり、真相を明らかにしようと作戦を立てる。しかし、警察側は立てこもりの解決に向けて制圧の準備を進めていく。このままだと直子と智也は逮捕されてしまい、暁生の無罪を証明することが出来なくなってしまう。刻一刻と追い詰められていく直子と智也に、快は「僕たちを信じてくれませんか」と訴える。


立てこもり事件を強行解決しようとする警察上層部に対し、快は「犯人グループは5人、体に爆弾を巻き付けている」と嘘の報告をする。快は爆弾を持っていると伝えれば、警察も無理やり制圧しようとしないだろうと計算し、「警察を信用できないなら、俺たちが本物のスコップ男を見つけます」と直子と智也に宣言。快の作戦は、次郎一人を人質から解放してもらい、次郎と片野坂教官(伊勢谷友介)の2人が一緒に9年前の事件を捜査し、真実を明らかにしようと試みる。


そして、ラストシーンは人質から解放された次郎が、力強い目線でまっすぐ前を見つめながら歩くシーンで終わり、次話の活躍を匂わせるような場面で幕を閉じた。



捜査のため一人人質から解放された次郎と、蘭子と共に人質として部屋に残った快。“真実を明らかにしたい”、という正義のために動く次郎&快。9年前の事件の真相とは?そして警察上層部が隠そうとしていることとは?そして“逆襲”の真意とは…!?


既に公開されているPR動画では、7話以降の鍵を握るとされるシーンも先行公開されており、次郎と快が殴り合いをする衝撃的な場面には「先が読めない!」「今後どうなっちゃうの!?」と反響が続々と寄せらている。謎だらけで始まった逆襲篇。回を重ねるごとに成長をみせていく快と次郎がその謎を明らかにしてくれることを信じ、第7話も楽しみに待ちたい。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定