レイズ筒香、四球選び決勝生還 ヤンキース田中との初対戦は2打数無安打

9

2020年08月08日 10:44  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真日米通じて初対戦となったヤンキース田中とレイズ筒香
日米通じて初対戦となったヤンキース田中とレイズ筒香
○ レイズ 1 − 0 ヤンキース ●
<現地時間8月7日 トロピカーナ・フィールド>

 レイズの筒香嘉智外野手(28)が7日(日本時間8日)、本拠地で行われたヤンキース戦に「6番・指名打者」でスタメン出場。ヤンキース先発・田中将大投手(31)との初対戦は2打数無安打に終わったが、8回に四球を選んだあと決勝ホームを踏み、チームの完封勝利に貢献した。

 田中とは日米通じて初対戦となった筒香。2回、一死無走者の場面で最初の対決を迎え、2球目の真っ直ぐにバットを出したが一邪飛に倒れた。5回は再び一死無走者で2度目の対戦。2球目のスプリットを弾き返したが中飛だった。

 筒香は田中の前に2打席連続凡退。一方、今季2度目の先発だった田中は、5回59球、1安打5奪三振無失点の快投でマウンドを降りた。

 筒香は0−0のまま迎えた8回、先頭打者で救援右腕のオッタビノと対峙。追い込まれながらも冷静にボール球を見極め、今季5つ目となる四球で出塁した。その後、次打者の四球とオッタビノの暴投で三塁へ進塁。そして一死二、三塁から、代打・ペレスの中犠飛で決勝ホームへ滑り込んだ。

 レイズは投手陣が好投し、6投手の継投でヤンキース打線を2安打完封。筒香は2打数無安打、1四球1得点の成績で打率は.171。出塁率は.293となった。

このニュースに関するつぶやき

  • 日本人打者と対峙は久々で筒香選手とも初めてなので田中選手もより気合入ったでしょうね。筒香選手も完全に空を切らされた感じで打てなかったのでこれからまた先リベンジですね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 5回で60球使ってないとか、田中のmlbキャリアの中でも指折りのピッチングだったんだろうな。。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定