開幕戦の悔しさをバネに、FRのNSX-GT初のポールポジション/スーパーGT第2戦 GT500ポールポジション会見

0

2020年08月08日 18:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真GT500クラスポールポジションを獲得したARTA NSX-GTのGT500クラスポールポジションを獲得したARTA NSX-GTの福住仁嶺と野尻智紀と鈴木亜久里総監督、土屋圭市ARTAエグゼクティブアドバイザー
GT500クラスポールポジションを獲得したARTA NSX-GTのGT500クラスポールポジションを獲得したARTA NSX-GTの福住仁嶺と野尻智紀と鈴木亜久里総監督、土屋圭市ARTAエグゼクティブアドバイザー
 2020年スーパーGT第2戦富士スピードウェイでの公式予選を終え、GT500クラスのポールシッターとなったARTA NSX-GT野尻智紀と福住仁嶺が、FRのNSX-GTにとって初のポールポジション獲得となった予選をふり返るとともに、決勝への展望を語った。

福住仁嶺
「前回の反省点を踏まえて、開幕戦から3週間ぐらい時間が空いたので、チームや野尻さんとも、いろいろと考えて持ち込んだセットアップでフリー走行を走りました。でも、その中ですごく手応えがあるわけでもなく。ちょっと不安な点も多かったんですけど、チームとまた話をして、予選に向けて良いクルマを作ってくれました。それで僕がQ1を走らせてもらったんですが、1コーナーで……大きく(タイヤ)ロックさせてしまいまして。デカいフラットスポットを右前のタイヤに作っちゃって、このまま走れる状況か分からないぐらいのダメージだったんですけど、そこから諦めずに走ってQ1をギリギリ通せた。その後はもう、野尻さんにQ2で本当に良い走りをしてもらって。こうやってポールが獲れましたし、ホンダの方々とチームの皆さん、そして野尻さんに本当に感謝の気持ちで一杯です」

野尻智紀
「そうですね、個人的に前回はまず予選から本当に悔しい思いをしていて。本当にポールを獲るつもりで行ってて獲れなかった、っていうのもそうですけど、やっぱり(Q1担当だった)福住選手の方がコンマ2ぐらい速かった、というのがあって。タイヤの状況もそのときのコンディションによるとは思うんですが、僕の中でもここ最近で、なかなか大きめの悔しさを味わってました。それとは別に、決勝でもズルズルと下がるような悔しい思いもしましたし、そこから『何が良くなかったのか』という事をものすごく細かいところまで突き詰めて、福住選手と僕らドライバーふたりと、チームとみんなで話ながらここまで進めてきた。その結果が、こうして予選でもそのセットで走れるという部分に出て、ひとつ、うれしさを感じますし、予選というより決勝のレースに重きを置いたセットアップで持ち込みをしてきてのこの結果なので、本当に明日の決勝がどういうペースで走れるか。ファンの皆さんも明日どうなるか楽しみかもしれませんが、その点については僕らが本当に一番楽しみかもしれないですね」

──前回持ち込んだタイヤとは異なる選択?

野尻智紀
「まず僕たちのタイヤだけではなくて、前回のレースを振り返るとBS(ブリヂストン)は3チームありますけど、どの種類でも同じような状況が起きていて、そこから『タイヤが理由じゃない』という結論になっていて。セットアップだったり、そこに+αでドライバーの方でそのクルマをどういう風に走らせるかという部分を詰めてやってきました。今回で言うと、想定気温も違うので、前回のレースよりかは当然硬めのタイヤを、GT500だけでなく300も含めた全チームが選んでると思いますが、前回と比較するなら硬めのタイヤです、ということですね」

野尻智紀
「僕らの持ち込んでるタイヤとしては、柔らか目を履いたからこの順位にいる、ということではないので、逆にこの予選で履いたスペックが今日はちょっと曇っていましたけど、このぐらいの状況でしっかり走れるというのがプラスの要素でしかないと思います。なので、明日に向けてもタイヤに関して、ネガティブな要素はないですね」

福住仁嶺
「あ、僕も同じでお願いします」

──明日の決勝に向けて。

野尻智紀
「そうですね、まずは今日(開幕戦とは異なり)いつもどおりの2DAYに戻ったということで、この予選のあとに少しは喜びに浸れる時間があるので良いかな、って(笑)。まぁ本当の仕事は明日ですし、しっかり切り替えるところは切り替えて。明日またここ(優勝会見)に戻ってこられるように、全力で望みたいなと思います。頑張ります」

福住仁嶺
「前回のレースではGRスープラ勢だけでなく、他のNSXユーザーに対してもペースが良かったわけではないので、自分自身としても500のレースは初めてでしたが、ものすごく悔しい思いで一杯だった。今回は2DAYで明日の決勝までにまだ時間があるので、本当に予選ポールはうれしいんですけど、ここからが本当の勝負だと思うので。チームのみなさんとたくさん会議をして良いクルマに仕上げられるように、明日に向けて頑張っていきたいと思います」

    あなたにおすすめ

    ニュース設定