世界一美しいサメ「ヨシキリザメ」は超繊細な性格だった

8

2020年08月08日 21:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真ヨシキリザメ(仙台うみの杜水族館ウェブサイト
ヨシキリザメ(仙台うみの杜水族館ウェブサイト

[OH!バンデス - ミヤギテレビ] 2020年7月27日の放送では、仙台市宮城野区にある「仙台うみの杜水族館」で飼育されている「ヨシキリザメ」が紹介されました。

世界でも類を見ないヨシキリザメの展示ですが、こちらの水族館ではこの日、国内飼育最長記録である「2年」を更新したそうです。


手探りで飼育し、記録を更新

メジロザメ科のヨシキリザメ。世界中の熱帯・温帯海域に広く生息し、三陸沖でも獲ることかできます。

現在、同水族館で飼育されているヨシキリザメは、志津川湾の定置網で捕獲されたそう。水族館へ来た時の体長は、51センチ。今では、103センチまで大きくなったそうです。

世界でもっとも美しいといわれているヨシキリザメですが、その生態は謎だらけ。やってきた当初は、手探りでの生育になっていたとのこと。

普段の観察によりわかったのは、ヨシキリザメが「繊細な生き物である」ということ。エサを与えるという行為そのものも刺激となってしまうため、同館では極力間隔を開け与えているそう。

なかなか見ることができない貴重なヨシキリザメ。飼育員さんは、美しいヨシキリザメの姿をたくさんの人々に見てほしい、と話していました。

(ライター:rin.)

このニュースに関するつぶやき

  • これはかわいいけどシロワニとか顔からして怖い…
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 肉はかまぼこ・はんぺんの原料、ひれはフカヒレの原料、、、気仙沼の住民目線だとサメやマンボウは食材にしか見えない (;・ω・)
    • イイネ!7
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定