甲子園交流試合で絶対注目の好投手たち。最速150キロ越えやプロ即戦力候補も

1

2020年08月09日 11:31  webスポルティーバ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 8月10日から、新型コロナウイルスの感染拡大によって中止となったセンバツに出場予定だった32校による「甲子園交流試合」が開催される。各チーム1試合限定とはいえ、夢にまで見た大舞台でどんな活躍を見せてくれるのか楽しみでならない。そこで出場する学校の注目選手を紹介したい。まずは投手から。

「甲子園交流試合」注目の野手はこちら>>




高橋宏斗(たかはし・ひろと/中京大中京/183センチ・79キロ/右投右打)

明徳義塾の馬淵史郎監督が高校時代の松坂大輔(現・西武)よりも上と評した最速153キロのストレートが武器の本格派右腕。昨年秋の明治神宮大会を制し、名実ともに世代最強投手の称号を手に入れた。




中森俊介(なかもり・しゅんすけ/明石商/181センチ・79キロ/右投左打)

1年夏から甲子園のマウンドに上がる、経験豊富な最速151キロ右腕。昨年は春夏連続して甲子園ベスト4に進出した。ストレートのみならず変化球の精度も高く、即戦力としてプロからも高い評価を得ている。




川瀬堅斗(かわせ・けんと/大分商/185センチ・82キロ/右投右打)

長身から投げ下ろす最速148キロのストレートと多彩な変化球で打者を圧倒する九州屈指の本格派右腕。1年夏からマウンドに上がるなど経験も豊富で、ゲームメイクに長けている。兄はソフトバンクの内野手・川瀬晃。




小林樹斗(こばやし・たつと/智弁和歌山/182センチ・86キロ/右投右打)

しなやかな腕の振りから放たれるストレートが魅力で、昨年春のセンバツで147キロをマークし、一躍注目を集めた。元プロの中谷仁監督も認めるポテンシャルの持ち主で、この夏の独自大会で自己最速となる152キロを記録した。




岩崎峻典(いわさき・しゅんすけ/履正社/176センチ・76キロ/右投右打)

昨年夏の甲子園を経験し、先発、リリーフとフル回転の活躍でチーム初の全国制覇に大きく貢献した。ストレートの最速は145キロだが、球速表示以上に力があり、カットボールも絶品。




片山楽生(かたやま・らいく/白樺学園/177センチ・75キロ/右投左打)

昨年秋の明治神宮大会で好投し、プロスカウトから注目される存在となった。柔らかい腕の振りから最速148キロを投げる本格派。制球力に課題は残すが、将来性は抜群。打ってもチームの4番を担うなど、投打の大黒柱。




下慎之介(しも・しんのすけ/健大高崎/183センチ・82キロ/左投左打)

中学時代は2番手投手だったが、高校に入り急成長。スリークォーターから放たれる鋭く曲がるスライダーを武器に、昨年秋の明治神宮大会の倉敷商戦で10回を投げ11奪三振の好投を見せた。




蓼原慎仁(たではら・しんじ/桐生第一/180センチ・80キロ/右投右打)

ロシア人の母を持つハーフで、最速144キロを誇る速球派右腕。コントロールに課題を残すが、スカウトは「ストレートもまだまだ速くなると思うし、素材として魅力」と将来性に期待を寄せる。




嘉手苅浩太(かてかる・こうた/日本航空石川/190センチ・105キロ/右投右打)

堂々とした体躯から投げ下ろす本格派で、昨年春の県大会で自己最速となる147キロをマークした。打っても昨年秋の大会では4番・三塁手として出場するなど、長打力あるバッティングも魅力。




若杉晟汰(わかすぎ・せいた/明豊/170センチ・70キロ/左投右打)

昨年春のセンバツでもエースとして4試合に登板(うち3試合に先発)し、ベスト4進出の立役者となった。キレのいいストレートを中心にスライダー、チェンジアップで打者を打ち取る。

◆「史上最大の大誤審」。当事者が明かす大荒れ試合の記憶>>

    あなたにおすすめ

    ニュース設定