『親バカ青春白書』第2話 “さくら”永野芽郁、“ハタケ”中川大志の部屋で肝試し

0

2020年08月09日 14:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真日曜ドラマ『親バカ青春白書』第2話場面写真 (C)日本テレビ
日曜ドラマ『親バカ青春白書』第2話場面写真 (C)日本テレビ
 俳優のムロツヨシが主演を務め、女優の永野芽郁と親子役で共演する日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)第2話が今夜9日放送。第2話では、さくら(永野)がハタケ(中川大志)の部屋で肝試しを行う。

【写真】新垣結衣演じる“幸子”も登場『親バカ青春白書』第2話場面写真

 本作は、大学の同級生となった父と娘が、大学生活を通して絆を深める家族の愛の物語。福田雄一がオリジナル脚本の統括と演出を務める。小比賀太郎、通称“ガタロー”をムロ、娘のさくらを永野、ガタローの妻・幸子を新垣結衣が演じ、そのほか中川、今田美桜、戸塚純貴、小野花梨らが共演する。

 さくら(永野)と共にサークル探しを続けるガタロー(ムロ)は、新しい出会いと恋愛チャンスに満ちたキャンパスライフに青春ぽさを感じながらも、さくらが変な男と付き合わないか相変わらず心配な日々を送る。一方、「ガタローさんが好きなんだ!」というハタケ(中川)の衝撃告白が頭から離れないさくらは初恋をこじらせ、ハタケ相手にドギマギする毎日を過ごす。

 そんな中、ハタケが何気なく言った「部屋にお化けが出る」という一言に盛り上がった同級生たちが、動画を撮りたいという根来(戸塚)の提案で、ハタケの部屋での肝試しを企画する。さくらが男の家に上がることに気が気でないガタローは、寛子(今田)や美咲(小野)にウザがられながらも同行することに。

 翌日、わかりやすいさくらの恋心に焦るガタローがハタケにキツく当たる中、講義を終えた一同はハタケの部屋へ。意外にも立派なマンションに驚く一同だが、激安の家賃を聞いて驚がく! どうやらハタケの部屋は事故物件だった。

 そんな中、さくらはハタケが秘密にしていた“ある物”を見つける。ハタケによる予想外のカミングアウトで、ガタローをめぐる人間関係は新たなステージへ! さらに、突然一同を不気味な心霊現象が襲う、予測不能な青春・ラブ・ホラー・熱血騒動が、ガタローの親バカで加速する。

 日曜ドラマ『親バカ青春白書』第2話は、日本テレビ系にて8月9日22時30分放送。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定