『サザエさん』カツオが2人!? 「カツオVSカツオ」の水泳対決に大反響

1

2020年08月09日 18:11  ダ・ヴィンチニュース

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『サザエさん』14巻(長谷川町子/朝日新聞出版)
『サザエさん』14巻(長谷川町子/朝日新聞出版)

 8月2日に放送されたアニメ『サザエさん』では、カツオと“瓜二つ”の人物が突如登場し、視聴者らは大混乱。その意外な正体が話題になっている。

酒コミックの金字塔! 連載35周年を迎えた『BARレモン・ハート』35巻に「魅力的な酒を紹介し続けてくれることに脱帽」と絶賛の声

 そのエピソードは、作品No.8123「父さん、プール日和」。季節はすっかり夏休み。波平は、急な出張が入った花沢さんのお父さんの代わりに、小学校のプールの監視員の手伝いを1日だけ引き受けることになる。それを聞いたワカメは、「お父さんが来るなんて嬉しい」と喜びつつも、「でも泳ぎがうまくないから、頑張らないと」と奮起。翌日から、カツオ指導の元、水泳の練習をすることになった。

 そんなワカメの姿に、波平も「いざとなったときは、わしも泳げんといかんなぁ」と、マスオさんとともに区民プールで水泳の練習を開始。「下半身が沈んでます!」「バタ足はもっと水を強くたたいてください!」などとアドバイスをもらいながら、練習を重ねていく。

 しかし、いよいよ前日に迫ったところで、花沢さんのお父さんの出張が中止に。カツオは、花沢さんのお父さんから「プールの手伝いの話はなくなったと伝えてほしい」と頼まれるが、波平に上手な泳ぎを見せたいと必死に練習しているワカメを思いやり、「代わらないでほしい」と懇願。当日、無事にワカメは練習の成果を発揮し、波平は満面の笑みで「子どもたちの楽しそうに泳ぐ姿を見て、久しぶりに童心に帰った。カツオもワカメも見事な泳ぎだったぞ」と、2人の頑張りを褒めるのだった。

 視聴者の間で話題になっているシーンは、当日のプールでの一幕。プールに入る前、カツオは同級生の友人らとともに、シャワーを浴びたり準備体操をしたりしているのだが、なぜかカツオらしき“坊主頭に水泳帽を被った男の子”が“2人”描かれている。その後のクロールで競うシーンでは、“2人のカツオ”による接戦が繰り広げられ、視聴者からは「えっカツオ2人いる…??」「カツオ2人おるやん」「ん? カツオが2人??」「これは完全にカツオが2人存在してる」と混乱を招いた。

 実はこの人物の正体は、“メガネを外した”中島くん。目を開けていれば、そのつぶらな瞳で判別できるのだが、笑顔で目を細めたり、泳いで目を瞑っていたりするときはまるで“カツオそのもの”。視聴者のなかには、「プールで共通の水着と帽子、メガネなしだとカツオと中島の区別がつかない(笑)」「カツオみたいな子が2人いた気がするけど、もう一人はメガネはずした中島くんではない? 別人?」「メガネかけてない中島くん久々」などと瞬時に見破った強者も散見された。

 仲が良すぎるあまり、熟年夫婦のように顔も似てきてしまうもの!?

    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定