九州 10日に台風5号接近、暴風や高波などに警戒・注意

3

2020年08月09日 18:21  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真九州 10日に台風5号接近、暴風や高波などに警戒・注意
九州 10日に台風5号接近、暴風や高波などに警戒・注意

台風5号は、あす10日(月・祝)に九州の西海上を北上し、九州の広い範囲が風速15メートル以上の強風域に入ることが予想されます。台風の進路に近い長崎県の五島地方や壱岐・対馬地方は暴風や高波に警戒が必要です。また、九州のそのほかの各地でも強風や高波のほか、激しい雨や落雷、突風に十分な注意が必要です。



●台風5号、九州の西海上を北上へ


台風5号はきょう9日(日)午後3時には、沖縄県那覇市の南西約190kmの海上にあって、時速35kmの速さで北へ進んでいます。
台風はこの後、東シナ海を北上し、10日(月・祝)は九州の西の海上を北上。午後には朝鮮半島南部に達した後、進路をやや東寄りに変え、11日(火)には日本海で温帯低気圧に変わる見込みです。


●九州への影響


[ 風 ]
台風5号の強風域(風速15メートル以上)は、台風の中心の東側で広くなっています。このため、あす10日(月・祝)には九州の広い範囲が強風域に入ることが予想されます。
台風の進路に近い長崎県の五島地方や壱岐・対馬地方では最大瞬間風速35メートル前後の暴風のおそれがあり、警戒が必要です。また、そのほかの九州の各地でも強風に注意してください。
[ 波 ]
九州の東シナ海や対馬海峡の沿岸では、うねりを伴い波の高さが4メートル前後としける見込みです。特に、五島地方や壱岐・対馬地方では6メートルの大しけになることが予想されますので、高波に十分に警戒してください。
[ 雨 ]
九州には台風周辺の湿った空気が流れ込むことにより、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。局地的に激しい雨が降るおそれがあるほか、落雷や突風などに対しても注意が必要です。


このニュースに関するつぶやき

  • 「みなさん、ご用心!」日本列島は「満身創痍のままに近い!」��総理の「政治禍」と言ってよい。「多くの人が、立ち直れていないー次は貴方の番かもしれない」貴方が故郷を失うかもしれないのですよ。
    • イイネ!11
    • コメント 0件
  • 「みなさん、ご用心!」日本列島は「満身創痍のままに近い!」��総理の「政治禍」と言ってよい。「多くの人が、立ち直れていないー次は貴方の番かもしれない」貴方が故郷を失うかもしれないのですよ。
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定