小芝風花、衝撃的すぎる“貧乏神”姿解禁 頭から角も生えちゃった

70

2020年08月10日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真いろんな意味で大丈夫!? 貧乏神みたいにボロボロになってしまったヒロイン・澪(小芝風花)=土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス』第3話(8月15日放送)より(C)テレビ朝日
いろんな意味で大丈夫!? 貧乏神みたいにボロボロになってしまったヒロイン・澪(小芝風花)=土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス』第3話(8月15日放送)より(C)テレビ朝日
 女優の小芝風花が主演するテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス』(毎週土曜 後11:15〜深0:05)。小芝演じる気弱などん底女子・目黒澪が、現代でルームシェアをしている妖怪たちと出会い、その自由で何にも縛られない姿に感化され、たくましく成長する姿を描くホラーコメディー。15日放送の第3話では、一見して小芝とはわからないほど衝撃的な姿をさらすことが明らかになった。

【写真】角まで生えて鬼化してきた澪(小芝風花)

 アルバイトとして働き始めたこんじゃくプロダクションで、正式に採用されることになった澪。ところが、そこは万年人手不足のブラック企業。こき使われて疲れ果て、お金もなく、ヨレヨレの澪は…なんと、負のオーラ漂う貧乏神のような姿に。同居する妖怪たちも思わずドン引きしてしまうほど。

 そして今回、何とか働きだして奮闘する澪に、さらなる異変が。故郷の喜界島で一緒に育った大親友の藍(松田るか)から久々に連絡が入り、再会することになった澪。藍は出会い系サイトで出会った彼氏と幸せそうで、結婚の話も浮上し、澪も自分のことように喜ぶ。

 ところがその矢先、藍にある事件がふりかかり…のんべこと酒呑童子・酒井涼(毎熊克哉)を筆頭にした妖怪たちと澪は行動を起こす。そんな親友のために立ち上がる澪の姿が描かれる第3話には、澪の頭からニョッキリと鬼のような角が生えているカットも。一体、澪の身に何が起きたのか!? その全ぼうは、第3話の放送で明らかになる。

■第3話あらすじ 
 こんじゃくプロダクションで正式採用されることになった澪(小芝)だが、こき使われるうえに、最初のお給料はスマホ代に消え、相変わらずお金もない。疲れ過ぎた澪は、ヨレヨレの貧乏神のような姿になってしまう。妖怪たちに心配されながらも出社する澪に、うれしい人から連絡が入る。故郷の喜界島で一緒に育った大親友の藍(松田るか)だ。

 久々に再会することになった澪は、藍から出会い系サイトで出会ったという彼氏の斉藤を紹介される。斉藤は、若くして起業家として成功、今はラーメンチェーンのオーナーをやっており、4店舗目の出店と近々カップ麺を売り出すために出資者を募っているという。幸せそうな藍を見て喜ぶ澪。たまたま同じ店で合コンをしていたのんべこと酒井涼(毎熊克哉)は帰宅後、斉藤のことをどこかで見覚えがあると言うが、思い出せない。

 後日、こんじゃくプロダクションに藍が興奮して訪ねてきた。斉藤に10万円投資したら30万円とカップ麺50食がついて戻ってきたという。プロポーズされていた藍は、安心して斉藤に200万円投資して結婚すると言い出す。シェアハウスに帰宅した澪が喜々として藍のことを妖怪たちに報告していたところ、のんべが斉藤のことを思い出し…。

このニュースに関するつぶやき

  • いいねぇ、役者バカ(褒め言葉
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • このドラマ、ドタバタしてるけど演技達者な俳優さんばかりなので楽しめる。まりか様目当てで見始めたけど予想外に面白い。風花ちゃんの叫び声のバリエーションも凄い(笑)
    • イイネ!26
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(51件)

ニュース設定