【30代】アラサー女性が「幸せな恋愛」をするために重要な4つのこと

0

2020年08月10日 10:31  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
30代。仕事が充実して、自分の生活パターンが確立されてくると、いつの間にか遠ざかってしまう恋愛。

30代女性の婚活「マッチングアプリ」でよくある4つのこと

恋愛することに、面倒くささを感じてしまうこともありますよね。

でも、恋愛のその先に、もしかすると幸せな結婚があるかもしれない……と考えると、恋愛を始めるのも楽しそうではありませんか?

今回は、経験を積んできたアラサー女性が、幸せな恋愛をするために重要なことについてお届けします。

■アラサー女性が幸せな恋愛をするためにしておきたいこと

■1: まず、捨てる

腐れ縁の男性、引きずっている思い出、昔の恋人の私物などなど、過去の恋愛や昔の恋人との思い出がチラつくと、「あぁ。やっぱり恋愛なんて面倒くさいし、やめとこう」と、一歩踏み出す前に挫けてしまうのが、アラサー女性。

30年生きていると、いろいろため込んでいますよね。

まずは、捨てることからはじめましょう。

恋をする気が少しでもあるなら、まず最初に、自分の心の中や環境を整理整頓することをおすすめします。

新しい出会いを求め、恋愛をはじめるその前に、今あるものを捨てるのが先です。

捨ててみると、気持ちも環境もスッキリするので「恋愛してもいいかも」と新たな心境になる可能性も高まります。

少なくとも、思い出の品などを処分すると、空間はすっきりします。

引きずっている気持ちを整理すると、気持ちは前向きになります。

捨てるだけなら、今すぐに、自分ひとりでできますよね。やってみましょう!

■2: とにかく試す

「ご飯行きませんか?」「紹介したい人がいるんだけど、会ってみない?」

と誘われたれたときに「いやいや、私なんて……(今は恋愛する気なんてまったくないし)」などと断っていませんか?

せっかくのお誘いを断ったり、曖昧な態度を取っていたりすると、恋愛は始まりません。当たり前ですが、チャンスを自分で潰していますよね。

誘いを受けたら、まずは試してみることをおすすめします。

誘いにのって食事に行って、紹介を受けて、もしも違うと思ったら、そのとき断ればいいだけです。

30代だからこそ、出会いに対して、いつでもオープンな姿勢でいることが大切です。断る権利はあるのですから、試さない手はありません!

■3: 20代と比較しない

過去と比較したくなるのも、年齢と経験を重ねたアラサー女性がやってしまうパターンです。

20代の頃は「付き合う相手はイケメンじゃないと嫌」「年上が好み」なんて思っていても、30代になった今「付き合ってみたら、顔なんてどうでもいいかも……」と気づくかもしれなませんし、年上が合うと思っていたけれど、実は年下と上手くいく可能性もあります。

30代になるまでに、さまざまな経験を重ねたのだから、好みだって、話が合う男性だって変化しているはずです。

30代になったからこそ、20代と違う恋愛を楽しめるもの。

20代の頃の自分と比較せず、アラサーの恋愛を楽しむ意識が重要です。

■4: ボーイフレンドを頼ってみる

ボーイフレンドが増えると、「俺の親友が独身で、すごくいいヤツだから、会ってみない?」など、独身男性を紹介される機会が増えることを実感している筆者。20代の頃にはなかった体験です。

実は、アラサー独身男性(若しくはアラフォー独身男)にとっても、30代で独身の女性は貴重な存在なのです。つまり、恋愛のチャンスは転がっています!

独身の女性からは「周りにいい人がいない」「周囲の男性はみんな既婚」という嘆きが聞かれますが、その男性の向こう側に、素敵な独身男性が待っている可能性を想定しましょう。

ボーイフレンドが幸せな恋愛を運んできてくれるキューピッドになってくれるかもしれません。

ただ、ボーイフレンドは既婚でも未婚でもいいのですが、彼らとは完全プラトニックな関係を守ることをおすすめします。

一度でも体の関係を持つと、いろんなバランスが崩れるので要注意。幸せな恋愛をはじめるどころか、泥沼にはまってしまう可能性もあります。

ボーイフレンドは、どこまでいってもフレンド、友達です。恋のキューピッド役に徹してもらいましょう!



30代になったからこそ、できる恋愛があります。

最初からあまり凝り固まることなく、ご紹介したことを参考に、幸せな恋愛を始める準備を整えてみてはいかがでしょうか?

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定