シント・トロイデン、開幕戦でヘントを下す…鈴木優磨は先制点を記録

1

2020年08月10日 14:18  サッカーキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真先制点を記録した鈴木優磨(写真は昨シーズンのもの)[写真]=Getty Images
先制点を記録した鈴木優磨(写真は昨シーズンのもの)[写真]=Getty Images
 ジュピラー・プロ・リーグの2020ー21シーズン開幕戦が行われ、シントトロイデンとヘントが対戦した。

 シント・トロイデンでは今シーズン、GKシュミット・ダニエルとFW伊藤達哉、DF松原后とFW鈴木優磨の4人と今シーズンから加入したFW中村敬斗の計5人の日本人選手が在籍している。この試合では中村と鈴木の2人が先発入りし、松原がベンチメンバーに入った。

 2分、ポル・ガルシアの左サイドから送ったクロスは相手DFに当たってコースが変わり、鈴木の前へ。鈴木は冷静に右足で押し込んで、チームの今シーズン初ゴールを記録した。

 ヘントは43分、右サイドからのCKをイゴール・プラストゥンが高い打点のヘディングで合わせて同点。1−1でハーフタイムへ突入した。

 均衡が崩れたのは60分、ゴール前での混戦からファクンド・コリーディオが左足で押し込んで、シント・トロイデンが勝ち越し点をゲットした。

 試合はそのまま2−1で終了。勝利したシント・トロイデンはシーズンの幸先良いスタートを切った。なお中村は59分まで、鈴木は75分までプレーしている。

【スコア】
シント・トロイデン 2ー1 ヘント

【得点者】
2分 1−0 鈴木優磨(シント・トロイデン)
43分 1−1 イゴール・プラストゥン(ヘント)
60分 2−1 ファクンド・コリーディオ

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定