佐々木美玲、日向坂46の1stアルバム曲で約2年ぶりにセンター復帰 新3期生&影山優佳も選抜入りで「最強すぎる布陣」と話題

5

2020年08月10日 15:38  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真はかない表情が魅力のみーぱん(佐々木さん)(画像は欅坂46 YouTubeチャンネルから)
はかない表情が魅力のみーぱん(佐々木さん)(画像は欅坂46 YouTubeチャンネルから)

 日向坂46が8月10日、1stアルバム収録のリード曲「アザトカワイイ」のフォーメーションを発表。1期生の佐々木美玲さんが、日向坂46としてのデビュー後初のセンターを務めることが分かりました。



【画像】センターの重圧と戦ってきた小坂さん



 10日、テレビ東京で放送中のバラエティー番組「日向坂で会いましょう」のラストで、「アザトカワイイ」のパフォーマンスメンバーとフォーメーションが発表に。パフォーマンスメンバーは全員選抜の22人で構成され、3列目には、2020年2月に配属された3期生の山口陽世さん、森本茉莉さん、高橋未来虹さんらが初選抜。また、2018年8月から学業に専念するため活動休止していた影山優佳さんも3列目として2年ぶりにパフォーマンスへ復帰しました。2018年12月に加入した3期生の上村ひなのさんは、初めての2列目の位置を務めます。



 同曲のセンターは、改名前の「けやき坂46」時代の楽曲「イマニミテイロ」(2018年3月リリースの欅坂46の6thシングル「ガラスを割れ!」の収録曲)と「期待していない自分」(2018年6月リリースのけやき坂46のデビューアルバム「走り出す瞬間」の収録曲)でセンターを務めた美玲さんが抜てき。日向坂46としてのデビュー以来、4作連続でセンターを務めてきた小坂菜緒さんはセンター横の位置につきました。



 番組内で、センターの美玲さんは「まさか自分がセンターになって、不思議な気持ちなんですけど、みんなを引っ張っていけるような存在に頑張れたらいいなって思います」と涙ながらにコメント。最後は「ぜひ楽しみにしていてください。頑張ります!」と笑顔を見せました。



 一方で、小坂さんは「(センターを)4作連続でやってきて、これが続いていくのがずっと怖かったところはあったので」とプレッシャーを感じていたことを涙ながらに告白。今回センターから外れたことで安心感が出たと笑顔を見せ、「自分にとってパワーアップできるようなアルバムにしたいなって思います」と前向きな気持ちを語っています。



 発表されたフォーメーションに、「最強すぎる布陣」「みーぱん(佐々木美玲さんの愛称)待ってたぞおおお」「こさかな(小坂さんの愛称)、今までよく頑張った。本当にありがとう」など、ファンも納得の様子。Twitterでハッシュタグ「#みーぱんセンター」がトレンド入りを果たすなど、盛り上がりを見せました。


このニュースに関するつぶやき

  • 小坂は「凄く悔しいです、、」ぐらい言うべきだし美玲もファンに「私だけを見ていてください」ぐらい言わないとな。単なる仲良しこよしなグループにはなってほしくない
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • 小坂は「凄く悔しいです、、」ぐらい言うべきだし美玲もファンに「私だけを見ていてください」ぐらい言わないとな。単なる仲良しこよしなグループにはなってほしくない
    • イイネ!1
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ニュース設定