17年夏の覇者・花咲徳栄が熱戦を制す!明徳義塾はミラクル逆転サヨナラ劇勝【甲子園交流試合・1日目の結果】

52

2020年08月10日 15:54  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真開幕試合に勝利して校歌を歌う花咲徳栄ナイン (C) Kyodo News
開幕試合に勝利して校歌を歌う花咲徳栄ナイン (C) Kyodo News
◆ 初日から「これぞ高校野球」の熱闘!

 8月10日(月)、高校野球の聖地・甲子園球場で開幕した『2020年甲子園 高校野球交流試合』。残念ながら中止となってしまった春のセンバツに出場が決まっていた32校が、1試合限りの夢舞台に挑む。


▼ 第1試合
● 大分商(大分) 1 − 3 花咲徳栄(埼玉) ○
大|000 001 000|1
花|300 000 00X|3

 開幕試合を制したのは、2017年夏の甲子園覇者・花咲徳栄。プロ注目の好投手・川瀬堅斗の立ち上がりを攻め立て、押し出しの死球で1点を先制すると、さらに渡壁幸祐にも適時打が飛び出して3得点。主導権を握る。

 投げてはエースの高森陽生が大分商打線を散発の5安打に抑える好投。反撃を1点でしのぎ、9回126球の完投勝利。締まった好ゲームをモノにした。


▼ 第2試合
○ 明徳義塾(高知) 6 − 5 鳥取城北(鳥取) ●
鳥|100 000 040 |5
明|010 010 022x|6

 第2試合は甲子園常連・明徳義塾が劇的な逆転サヨナラ勝ち。8回に打者一巡の猛攻で試合をひっくり返されるも、直後の攻撃でチーム初安打を皮切りに2点を返して1点差に迫る。

 迎えた9回、一・二塁のチャンスは作ったものの二死。相手もシフトを変更してエースナンバーを背負う阪上陸をマウンドに戻して万全を期した中、4番の新沢颯真がライトオーバーの一撃。一塁走者まで還す逆転の2点適時打で、劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

このニュースに関するつぶやき

  • “非常事態宣言を出せ”という連中は「こんなことをしている場合か!!」って噛みつかないよな…ヒヨってんじゃねえよ、自分の意見を貫けよボケ
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 気を抜かないで。最近の関西は専門学校、介護施設、病院での集団感染が頻発し、病院でのクラスターでは患者が突然、呼吸困難になり死者がでた https://mixi.at/ad4AzSz
    • イイネ!49
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(30件)

あなたにおすすめ

ニュース設定