「3日もてばいい」と言われた結合双生児が20歳に 「私たちは2人の個性ある人間」(米)<動画あり>

4

2020年08月10日 21:12  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真「3日もてばいい」と言われた双子が20歳に(画像は『Special Books by Special Kids 2020年7月23日公開 YouTube「Conjoined Twins who Share Internal Organs (They are NOT a Sideshow!)」』のサムネイル)
「3日もてばいい」と言われた双子が20歳に(画像は『Special Books by Special Kids 2020年7月23日公開 YouTube「Conjoined Twins who Share Internal Organs (They are NOT a Sideshow!)」』のサムネイル)
結合双生児としてメキシコのベラクルスで誕生したカルメンさんとルピタ・アンドラーデさんが6月5日、20歳の誕生日を迎えた。産まれた際に「3日もてばいいでしょう」と言われたにもかかわらず、2人は2年前に農業高校を卒業。現在は獣医看護を学ぶため、コミュニティ大学に通っている。『Distractify』『Mirror』などが伝えた。

【この記事の動画を見る】

米コネチカット州ニューミルフォードで父母と姉(24)と一緒に暮らしているカルメンさんとルピタ・アンドラーデさんは、肋骨の一部、循環系器官、消化器官、生殖機能を共有している結合双生児だ。それぞれが頭、心臓、2つの腕、肺、胃を持っているが、多くの臓器を共有している2人は「分離手術は行わない」と決めている。

家族はメキシコの医師に「長くて3日の命。分離手術をした場合、一生を集中治療室で過ごすことになるか、2人とも亡くなる可能性が高い。ただ分離手術をするのであれば、どちらか1人を選ぶように」と言われたそうで、一家は2人が2歳の時に最先端の医療を受けさせようと、チャリティ団体のサポートを受けアメリカに移住した。


2人は「今住んでいるのは人口3万人ほどの小さな町なの。大好きな友達もたくさんいるしとても気に入っているわ」と語っており、「身体こそ共有しているものの、私たちは全く違う2人の人間。普通の姉妹のようにけんかもする。ただ幼い頃のように、髪の毛をひっぱったり、噛んだりすることはなくなったわね。どうしても話をしたくない時は、2人でヘッドホンをつけるのよ」と笑う。お互いを分析し合う2人によると、身体の右側をコントロールするカルメンさんは社交的でよく話し、化粧好き、ルピタさんは大人しいもののユーモアがあり、化粧にはほとんど興味がないそうだ。

そんな2人が今一番欲しいものは、車の免許だそうで、右脚を使えて少しだけ背が高いカルメンさんが仮免許を取得している。カルメンさんはこれまでに本試験を2回受けたが、どちらも不合格だったようで「自分たちだけで車を運転できるようになれば、行動範囲も広がるでしょう。週末に家にじっとしているのは嫌なの。だって友達のところに行って遊びたいもの。だからまた挑戦するわ」と前向きだ。一方で左脚をコントロールするルピタさんは、一度事故を起こしかけたそうで「父に運転を禁止されたの。だから私は運転をしないわ」とカルメンさんの本免許取得に期待を寄せているようだ。

どこまでも明るく前向きな2人だが、20年間は偏見との闘いだったそうで「『エイリアン』とか『気持ち悪い』とかよく言われるわ。受け止め方はその日の気分にもよるけど、大抵はジョークで返すようにしているの。それでも『どうやってトイレに行くの?』とか『デートはどうするの?』とか、かなりぶしつけな質問をしてくる人もいるのよ。トイレは行きたいときに行くし、デートは2対2よ。私たちはリスペクトを持って接してくれる人であれば、誰とだって友達になるのにね」と明かしている。

2人の今の一番の心配事は「メキシコからの移民である自分たち家族が、今後もアメリカに滞在できるかどうか」ということで、強硬な移民政策を掲げるトランプ政権の動きによっては、これまでのように毎年ビザを更新できなくなるかもしれないという。2人は「人生のほとんどをアメリカで過ごしているのに今、メキシコに帰れと言われてもどうしたらいいのかわからない。またアメリカの医療機関で治療できなくなることも心配なの」と不安を口にする。


それでも週2回、ノースウェスタン・コネチカット・コミュニティ大学に通っている2人は、来年には卒業を控えている。そして将来について聞かれると「4年制大学に編入して畜産学の学位を取得したいわ。そしてゆくゆくは牛や馬などの家畜に携わる仕事をしたいの」と迷いなく答え、最後にこんな力強いコメントを残している。

「高校時代にお世話になったダベンポート先生は、私たちの障がいについては一言も触れたことがなかったわ。そしていつも『君たちにできないことはないんだよ』という態度で接してくれた。私たち双子はこれからも一生離れることはないけど、みんなには“2人の個性ある人間”として接してもらえれば嬉しいわ!」



画像は『Special Books by Special Kids 2020年7月23日公開 YouTube「Conjoined Twins who Share Internal Organs (They are NOT a Sideshow!)」』のサムネイル、『Carmen 2019年8月22日付Instagram「Today I learned #nationalconjoinedtwinsday is a real thing.」、2018年6月24日付Instagram「Ya girls are graduated」、2020年8月3日付Instagram「Life’s a beach and you’re here dude」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

このニュースに関するつぶやき

  • ベトチャンドクちゃんみたいですね。仲がいいのはいいことだけど、彼女たちはやはり枯葉剤などの化学物質の汚染のせいでこんな風に産まれたんだろう。核兵器廃絶とか訴えるなら化学兵器も禁止
    • イイネ!5
    • コメント 1件
  • 仲良くくっついていますね。
    • イイネ!13
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定