レッドブルF1代表、全チームが新コンコルド協定に合意すると確信「この数日で協定が締結される」

0

2020年08月11日 12:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2020年F1第5戦70周年記念GP レッドブル・レーシングでチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナー
2020年F1第5戦70周年記念GP レッドブル・レーシングでチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナー
 レッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、メルセデスを含むすべてのF1チームが、F1の新コンコルド協定を8月12日の期限までに締結するだろうと確信している。

 非常に重要なこの協定は、F1の将来における商業、財政、運営面を規定しており、2021年から数年にわたって各チームとF1を結びつけるものだ。

 しかしながら8月7日、メルセデスF1チーム代表のトト・ウォルフは協定に含まれるいくつかの条項について、いまだ合意に至っていないことを明らかにした。しかし、行き詰まっている点については明かさなかった。

 またウォルフは、F1に成功をもたらした貢献に関して、メルセデスはフェラーリに比べて過小評価されていることに不満であると暗に示した。フェラーリはF1の参戦に歴史があることで毎年多額の支払いを受けており、特定の状況では規則に対する拒否権を持ち合わせている。

 一方でフェラーリとマクラーレンは12日に協定を締結する準備ができており、新協定を完全に受け入れると主張している。

 そしてホーナーは、次週にすべてのF1チームが最終的に新コンコルド協定を締結すると確信している。

「もうあと数日の話だと思う」とホーナーは語った。「すべてのチームがどこかの時点でサインをするだろうと予想している」

 ホーナーはおもにF1の元最高権威者バーニー・エクレストンの時代にコンコルド協定の交渉を経験してきたが、「今回は以前とは異なる経験だった」と認めている。

「協定はその内容がすべてだと思う」とホーナーは語り、「内容はチームとプロモーターとの間で機密事項になっている」

「大局的に見て、協定は多くの点における提携関係として見なければならない。我々は、リバティメディアがF1にできるだけ多くの収益、関心、メディアを引きつけることを必要としている。そうしたことから最終的にはチームとすべての関係者が利益を得るだろう」

「こうした事柄については、少し全体的な見方をしなければならないだろう。ほしいものがすべて手に入ることはないのだ。この数日で新コンコルド協定が締結されることを確信している」

    あなたにおすすめ

    ニュース設定