最後の最後までサラリーマンで有り続けた男・利根川幸雄「中間管理録トネガワ」最終巻

3

2020年08月11日 22:03  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「中間管理録トネガワ」10巻
「中間管理録トネガワ」10巻
福本伸行協力、萩原天晴原作、三好智樹・橋本智広作画の「中間管理録トネガワ」の最終10巻が、本日8月11日に発売された。

【大きな画像をもっと見る】

同作は福本の「賭博黙示録カイジ」に登場する、利根川幸雄を主人公に据えたスピンオフ。黒服たちを束ねる帝愛グループの幹部で、暴君・兵藤会長のご機嫌を伺いながら、部下たちにも頭を悩ます、中間管理職・利根川の苦悩と葛藤が描かれる。ヤングマガジン(講談社)にてスタートしたのち、コミックDAYSにて連載され、「このマンガがすごい!2017」では、オトコ編の第1位に輝いた。また2018年7月にはTVアニメ化も果たしている。

さらに「カイジ」シリーズ、「中間管理録トネガワ」「1日外出録ハンチョウ」のガイド本「カイジ・トネガワ・ハンチョウ 帝愛グループ会社案内」も同時発売。「もし、あの『帝愛グループ』が実在したら」という観点で、帝愛グループを分析し、会社案内の体裁でまとめた1冊だ。

このニュースに関するつぶやき

  • ハンチョウも10巻で終わるかな?その場合、「よし、2000万ペリカ貯めて豪遊だ」「ククク…1800万ペリカ…後少し」黒服「新しく入ったヤツだ」「伊藤カイジ…」とか?
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定