汗で発電する“電子皮膚”、代謝をモニターしてロボット操作も カリフォルニア工科大が「PPES」開発

34

2020年08月12日 07:52  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真PPESを腕に貼り付けた様子
PPESを腕に貼り付けた様子

【その他の画像】



 米カリフォルニア工科大学の研究チームが開発した「Biofuel-powered soft electronic skin with multiplexed and wireless sensing for human-machine interfaces」は、汗から発電するバイオ燃料電池を搭載する電子スキン「PPES(Perspiration-Powered Electronic Skin)」だ。



 PPESは、構造にカーボンナノチューブを用いた独自配列を採用しているため、耐久性と伸縮性に優れており、皮膚に貼り付けて長時間使用できる。また、汗から効率的にエネルギーを抽出するバイオ燃料電池を搭載している。この電子スキンは、人の汗に含まれる乳酸を燃料として発電する。



 汗から発電させた電力で電子スキンを駆動させるので、バッテリーは不要だ。電子スキンのデータをBluetooth経由でコンピュータに伝送するための電力もまかなえる。



 実験では、PPESを貼り付けた被験者の運動中の代謝物(グルコース、尿素、アンモニア、pHなど)を連続的にモニターし、取得したデータをスマートフォンに無線伝送することに成功した。



 筋肉の収縮をモニターできるので、ロボットアーム制御や人工関節歩行のためのヒューマンマシンインタフェースとして機能することも実証した。



※この記事は、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。


このニュースに関するつぶやき

  • もっとオトナの発電方法があるだろう(イヤン)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 俺めちゃめちゃ発電出来そうだ(笑)
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(21件)

あなたにおすすめ

ニュース設定