神宮王者・中京大中京がサヨナラ勝ち!甲子園初出場対決は加藤学園が制す【甲子園交流試合・3日目の結果】

23

2020年08月12日 15:54  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真延長タイブレークの死闘は中京大中京が制す (C) Kyodo News
延長タイブレークの死闘は中京大中京が制す (C) Kyodo News
◆ 今大会初の延長戦も!

 8月10日(月)、高校野球の聖地・甲子園球場で開幕した『2020年甲子園 高校野球交流試合』。残念ながら中止となってしまった春のセンバツに出場が決まっていた32校が、1試合限りの夢舞台に挑む。


▼ 第1試合
● 智辯学園(奈良) 3 − 4 中京大中京(愛知) ○
智|000 300 000 0 |3
中|300 000 000 1x|4

 昨秋の神宮大会王者・中京大中京が今大会初の延長タイブレークの末にサヨナラ勝ち。無敗で“最後の夏”を終えた。

 プロ注目の快速右腕、中京大中京の高橋宏斗は最速153キロを計測するなど快調に飛ばし、炎天下の中で10回・149球、11奪三振の熱投。対する智辯学園も2年生左腕の西村王雅が尻上がりに調子を上げて9回を3失点で投げ抜いたが、10回のタイブレークで涙を呑んだ。


▼ 第2試合
● 鹿児島城西(鹿児島) 1 − 3 加藤学園(静岡) ○
鹿|000 000 001|1
加|000 001 02X|3

 ともに初の甲子園出場となった両校の対決は、加藤学園が接戦を制した。5回まで0−0の投手戦。加藤学園は6回に二死ながら走者二塁というチャンスで大村善将が先制の適時打。8回には二死一塁から杉山尊にランニング本塁打が飛び出し、2点を追加した。

 投げては先発の肥沼竣が9回119球の完投。最終回に1点を失ってピンチを招いたものの、一人で投げ抜いてリードを守った。

このニュースに関するつぶやき

  • 地方大会は普通にやっていたのに甲子園は交流試合とは、どこが違うのかな?地方大会をやる時点で甲子園をやっても一緒と思うが… https://mixi.at/ad6WtH4
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 加藤学園甲子園初勝利おめでとう�����å���なにより鹿児島県代表に勝った事が嬉しい( ´艸`) (主人が鹿児島出身��������)お互い郷土愛が強くて����������������
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ニュース設定