ポスト安倍に復活の菅官房長官が櫻井よしこに「なぜアベノマスクをつけない」と迫られ「布マスク暑いから」と答える醜態

46

2020年08月12日 21:50  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真8月7日『言論テレビ』での櫻井・菅両氏
8月7日『言論テレビ』での櫻井・菅両氏

このところ安倍首相との関係が修復し、「ポスト安倍」候補にも復活したとされる菅義偉官房長官。ところが、8月7日、櫻井よしこ氏のネット番組『言論テレビ』に出演して他のポスト安倍候補に対する評価を聞かれた際、石破茂氏についてだけ言及したとして、一部のマスコミが「石破氏と連携しようという意思の表れか」と騒いでいる。



 しかし、この見方はいくらなんでも浅すぎるだろう。そもそもこの日の菅官房長官は、石破氏について言及したといっても櫻井氏に問われて「安倍総裁、石破幹事長、菅幹事長代行で仕事をしたことがある」「そういう評価はされているのではないか」とコメントしただけ。社交辞令の範囲を出るものではない。



 むしろ、今回のことで注目すべきは、菅官房長官が櫻井氏のネット番組に出演したこと自体だろう。周知のように、櫻井氏は安倍首相の応援団の筆頭で後見人といってもいい存在。その櫻井氏が自分の番組にわざわざ菅氏を招き、ポスト安倍について質問したということは、事前に安倍首相やその周辺から菅氏との関係修復、菅氏をポスト安倍に後継指名する可能性を感じたからではないか。実際、全国紙政治部デスクもこう語る。



「たしかに、安倍首相が菅官房長官を後継に考え始めたという情報は流れてますね。この間の迷走を見て、最有力だった岸田文雄政調会長に失格の烙印を押したものの、石破氏だけはどうしても首相にしたくない。そこで、残った選択肢が菅官房長官だったということのようです。安倍首相の性格からすると、自分の存在をかき消すような派手な人物は次の首相にしたくない。しかし、菅さんそういう心配ならないし、実務者として難問山積の“アフターコロナの処理”を押し付けられると考えたのでしょう」



 いやいや、こんな男が総理大臣になってコロナ問題の後処理などをしたら、それこそさらにとんでもない事態になるだろう。いまさら説明するまでもないが、菅官房長官はこの間、安倍政権の行政私物化と無責任政治の急先鋒としてはたらいてきた政治家なのだ。黒川弘務検事長の任期延長や河井克行元法相の買収事件にも深く関わっているし、コロナ対応でもGoToキャンペーンの混乱などは完全に菅官房長官の責任といっていい。



 しかも、この男の無責任な本質は、櫻井氏の番組でのやりとりでも明らかになった。それは、番組中、安倍様原理主義者の櫻井氏から「なぜアベノマスクをつけてないのか」と迫られたときのことだ。



●櫻井よしこがアベノマスクを“御真影”扱い、デコマスクブームを歪曲して「中高生は『アベノマスク、だーい好き』」



 番組では、櫻井氏がいきなりアベノマスクを手にとって、菅官房長官にこう迫った。



「私、これ、あの総理がイニシアチブをとって配った、いわゆるアベノマスクといわれるもの。これ、何回も使って、ありがとうございます、本当に。使ってるんですが。なぜ、閣僚の方はアベノマスクしないんです?

私、菅さんもなさってなかったし、西村さんもしてらっしゃらない、萩生田さんもしてらっしゃらない。みんな、安倍総理を支えてらっしゃる方々が、どうしてそれしなかったんだろうと思って。」



 菅官房長官はこれに、「あ…」と何かを言いかけるが、櫻井よしこが遮って、さらにこう畳み掛けた。



「それでね、なぜこういうことを言うかと言いますとね。いま中学生や高校生がですね、『アベノマスク、だーい好き』って言ってですね、こうやってね、アベノマスクにいろんな刺繍をしたりして、すごくこれをですね、大事なものとして、使ってるんです。だから、中学生や高校生までこういうふうにしてね、『よし、みんなでこのウイルスと戦おう』と言っているのに。なんで閣僚がですね、(アベノマスクをつけないのか)、顔が大きいから自分の顔には小さすぎるみたいなことを言う人もいるんですけどね。でも、これはある種のシンボルなんですよ! 安倍政権で、なんで総理だけしか、しないのか!私、ときどきね、安倍さんのお気持ちを思うと、ほんっとお気の毒になっちゃった。なぜ、なさらなかったの?」



 もちろん、櫻井よしこのこのアベノマスク礼賛は狂っているとしか思えないものだった。専門家から効果を疑問視され、虫や異物まで混入していていたマスクをまるで“御真影”のようにありがたがれと迫るその姿は「戦前の特高警察」か、「カルト安倍教の教宣部長」ではないか。しかも、「中学生や高校生が『アベノマスク、だーい好き』と言ってる」って……。それ、アベノマスク前から流行しているデコマスク(シールを貼ったりペンでイラストを描いたりしてマスクを飾り付けること)用に無料でお揃いのアベノマスクを使っているだけだろう。



 しかし、一方で、櫻井氏が口にした「なぜ、閣僚の方はアベノマスクしないんです?」「菅さんも西村さんも萩生田さんもしてないのはなぜ?」というのは、国民も聞いてみたい質問だったはずだ。



●櫻井の「なぜアベノマスクつけない」にヘラヘラ笑いながら「暑いから」としか答えられなかった菅官房長官



 500億円もの税金を費やし、「効果はある」と言いはっているのに、実際にアベノマスクをし続けていた政権幹部は安倍首相と、安倍首相に後継指名してもらいたいと必死の岸田政調会長くらいのもの。とくに、菅官房長官は会見で何度もアベノマスクを「必要なもの」「効果がある」と強調していたのに、自分はなぜ使わないのか。



 しかし、それに対する菅官房長官の言葉は唖然とするものだった。櫻井よしこ氏、最後に笑みを浮かべながら「なぜ、なさらなかったの?」と迫ると、菅官房長官はしどろもどろになりながら、まず、こんな答えになっていない答えを口にしはじめる。



「あの、いわゆる、マスクをするということは、まさに感染防止になりますから、当然マスクをします。で、布マスク……」



 これを受けて、櫻井氏が「うん、いいですよお、これ、何回も使えるから、本当に」と皮肉たっぷりに迫る。すると、菅官房長官はヘラヘラと媚びた、しかし弱々しい笑いを浮かべながら、こう語ったのだった。



「ほんとに、布マスクって使ってないんです。あの暑くて、暑そうで」



 はぁ? 500億円もの税金を投入して、国民には効果があるから是非使えと迫りながら、自分は「暑そうだから使わない」とは……無責任にもほどがあるだろう。



 こんな人物が総理大臣になったら一体どういうことが起きるのか、容易に想像できる。国民だけに負担を押し付け、自分たちと自分たちのお友だちは特別扱い。問題になっても、責任を取らず知らんぷりする。まさに安倍首相の政治がそのままそっくり引き継がれることになるはずだ。



 しかも、この櫻井氏とのやりとりで菅官房長官が見せた醜悪な本質はもうひとつある。それはマスコミや野党に対して高圧的な姿勢で「指摘は当たらない」「質問の答える必要ははない」と追及を封じ込めている菅が、安倍首相の後見人である極右ジャーナリストに迫られると、あんな情けない態度で本音を簡単に漏らしてしまったことだ。



 まさに「強きに媚び弱きを挫く」見本のような態度。いずれにしても、こんな人物を絶対に総理大臣にしてはならない。

(野尻民夫)


このニュースに関するつぶやき

  • でも最低最悪なのはアベ総理だったんだから最低最悪ってわけではない事は確かだよね。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • ネトウヨがだんまり。
    • イイネ!25
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(39件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定