好調・宮が死球交代…DeNAのホーム9連戦はバッドエンドも貯金3には「ポジティブな結果」

6

2020年08月13日 00:01  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真DeNA・宮敏郎
DeNA・宮敏郎
◆ 先発の濱口が4回6失点…

 DeNAは1回裏、佐野恵太のタイムリーと相手エラーで2点を先制。1点を返された直後の2回裏に先頭の柴田竜拓が四球で出塁すると、「青柳は良い投手で大量得点は難しい。2アウト三塁でも相性の良い神里で得点のチャンスを」とのラミレス采配により、高城俊人と濱口が連続犠打で二死三塁に。神里は見事に期待に応える適時打で3−1と再びリードを広げた。

 一方、ホーム9連戦最後のマウンドを任された濱口遥大は、4回に無死一二塁のピンチを迎えるが、強硬策の植田海を捕邪飛に、犠打を試みた青柳晃洋は三塁封殺で二死一二塁までこぎつける。良い流れだったが、近本光司にライト前に運ばれて1点差に詰め寄られると、中谷将大にレフト越え3ランを被弾。気落ちしたところをサンズにも捉えられ、一挙5失点のビッグイニングを作ってしまった。

 濱口も「4回はテンポが単調になりアウトを欲しがってしまった。2本のホームランは一番やっては行けないこと」と猛省。結果、4回を投げて87球、被安打8、奪三振4、与四球3、6失点という内容で降板することになった。

 その後、6回裏に2点を返して5−6と1点差に追い上げたが、7回に無死満塁のピンチを二死までこぎつけながら押し出し死球で失点。最終回に粘りを見せて1点差にまで迫ったが、この1点が響いて敗戦を喫することになった。


◆ 好調・宮敏郎も離脱か?

 心配なのは7回にガンケルが投じた148キロのツーシームを右手首に受けて退いた宮崎敏郎。ボールはそのまま下に落ち、しばらくの間うずくまって動けず、患部を固定するようにベンチ裏に下がっていっただけに心配な状況。ラミレス監督は試合後、「トレーナーの治療を受けている。その後、状況がわかり次第明らかにする」と語るにとどめた。

 昨日からトップバッターとして活躍していた梶谷隆幸が、前カードからは2年連続ホームランキングのネフタリ・ソトがスタメンを外れており、新外国人スラッガーのタイラー・オースティンは復帰の目処が立っていない。ここに来て絶好調だった宮が離脱となれば、ベイスターズにとっては大きな痛手だ。

 梶谷とソトについてラミレス監督は「今日はプレーできなかったが、明日は幸い休みなので状態を良くして金曜日に出てくれれば」とコメント。9連戦の最後は後味の悪いゲームになってしまったが、ピンチの時ほどラミレスマジックの見せ場でもある。

 9連戦を6勝3敗で勝ち越せたことは「ポジティブな結果」と前を向く指揮官。金曜日には現状ベストなラインナップが組めることを祈るばかりだ。


取材・文=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)

あなたにおすすめ

ニュース設定