ユーヴェで活躍の36歳DFリヒトシュタイナーが現役引退…EURO2020は出場せず

0

2020年08月13日 01:35  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真リヒトシュタイナーが現役引退を決断 [写真]=Getty Images
リヒトシュタイナーが現役引退を決断 [写真]=Getty Images
 スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーが12日、現役引退を表明した。スイスサッカー協会(SFV)が同日に伝えた。

 リヒトシュタイナーは、SFVの公式サイトで「サッカー選手としてのキャリアの長さは限られている。僕は36歳まで高いレベルでプレーすることができた。今は新しい道に進むときだ。本当に楽しめた素晴らしい時間だった」とコメント。さらに「EURO2020終了後に引退する予定だった。UEFAが大会を2021年に延期したのを受けて、そのときが来たことをはっきりと感じた。もう1年プレーしたいとは思わなかったんだ」と決断に至った経緯を説明した。

 現在36歳のリヒトシュタイナーは母国のグラスホッパーでトップデビューを飾り、リールとラツィオを経て、2011年夏からユヴェントスでプレー。7シーズンで公式戦通算259試合15得点を記録し、セリエA7連覇など数々のタイトル獲得に貢献した。2018年夏に加入したアーセナルでは公式戦23試合の出場にとどまり、翌年に出場機会を求めてアウクスブルクに移籍。2019−20シーズンはブンデスリーガ20試合に出場してチームの残留に貢献したが、契約満了で退団していた。

 また、スイス代表では2006年11月15日のブラジル戦でデビューを飾り、3度のワールドカップや2度のEUROを含む通算108試合に出場。最後に出場した試合は2019年11月15日のジョージア戦だった。2021年夏に延期となったEURO2020の出場権獲得にも貢献していたが、本大会に出場せずにスパイクを脱ぐ決断を下した。

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    ニュース設定