前田健太、7回途中2失点で開幕3連勝&MLB通算50勝 快投で打線の大量点呼ぶ

12

2020年08月13日 11:34  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真敵地でのブリュワーズ戦に先発登板したツインズの前田健太
敵地でのブリュワーズ戦に先発登板したツインズの前田健太
● ブリュワーズ 2 − 12 ツインズ ○
<現地時間8月12日 ミラー・パーク>

 ツインズの前田健太投手(32)が12日(日本時間13日)、敵地で行われたブリュワーズ戦に今季4度目となる先発登板。初回から11打者連続アウトを記録するなど7回途中2失点の快投で、開幕から無傷の3連勝とメジャー通算50勝をマークした。

 前田は初回、3番・イエリチを一ゴロに退けるなどテンポ良く3者凡退スタート。すると直後の2回表、味方打線が打者9人を送り込む猛攻で5点を先取した。

 大量援護を得た前田は、2回以降も快調なピッチング。この日も真っ直ぐのキレ、変化球の精度ともに抜群で、初回から3イニング連続3者凡退。4回に二死から初安打を許すまで11打者連続アウトを奪った。

 5回も3者凡退で終え、無失点のまま勝利投手の権利をゲット。12点リードの6回に2点を失い、7回は二死一、二塁のピンチでマウンドを降りたが、リリーフしたシールバーが9番・ホルトを空振り三振に仕留めた。

 前田は6回2/3をテンポ良く85球で終え、5安打2失点、5奪三振1四球の快投。開幕から無傷の3連勝でメジャー通算50勝目を挙げ、今季の防御率を2.66とした。

 ツインズは6回までに12点を奪い前田を援護。投打が噛み合い敵地で快勝し、貯金5でア・リーグ中地区首位の座を守った。

このニュースに関するつぶやき

  • マー君とダルに隠れがちですけど、献身的に投げる姿勢はもっと評価されて欲しい。好調なだけに短いシーズンなのが悔やまれますね・・・
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • マー君とダルに隠れがちですけど、献身的に投げる姿勢はもっと評価されて欲しい。好調なだけに短いシーズンなのが悔やまれますね・・・
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ニュース設定