キングジム「フリーノ」は果たして買いか?(後編)

1

2020年08月13日 12:03  ITmedia PC USER

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真キングジムのデジタルノート「フリーノ」。付属デジタルペンによる手書き入力に対応する。
キングジムのデジタルノート「フリーノ」。付属デジタルペンによる手書き入力に対応する。

 E Ink電子ペーパーを採用したキングジムのデジタルノート「フリーノ」について、前回は他のE Ink端末との違いや、基本機能についてチェックした。



【その他の画像】



 今回は実機を試してみないと分かりづらい細かい本製品の仕様について、調査/検証した結果を一問一答形式で紹介する。また、レビュー前編と合わせた本製品の総評も末尾に掲載するので、購入にあたっての参考にしてほしい。



→・キングジム「フリーノ」は果たして買いか?(前編)



●全般:アプリはインストールできる? E Inkの設定は?



Androidアプリはインストールできる?



答え:ノー



 本製品はAndroid 8.1をベースとしており、設定画面のデザインはAndroidそのままだが、自前でアプリをインストールすることはできない。そのため、電子書籍ストアのアプリを入れて電子書籍を読んだり、プリインストールされているDropboxを除く任意のクラウドストレージを使ったりはできない。



E Inkのリフレッシュなどの設定は変更できる?



答え:ノー



 読書端末によくある「6ページめくるごとに1回リフレッシュ」といった明示的な設定はなく、またOnyxの「BOOX」シリーズのような、白黒2値モードなどに切り替える機能もない。フロントライトの設定画面にあるコントラストの調節機能を使えば、見やすさについては柔軟に変更できる。またリフレッシュは画面上部のタスクバーから行える。



スクリーンショットは撮れる?



答え:イエス



 本体上部にある、電源ボタンとフロントライトスイッチの同時長押しで可能だ。ファイルはPNG形式で本体ファイル内に保存される。画面内にカラーの要素があった場合は、画面上では白黒表示でも、スクリーンショットはカラーになる。



●ノート機能:デジタルペンは必須? ファイル名の命名ルールは?



ノートのフォーマットは何種類? 追加はできる?



 フォーマットは全12種類で、追加のフォーマットも4種類まで登録できる。具体的には、1080×1440ピクセルのPNG/JPG画像を用意し、本体のImagesフォルダに保存することで使えるようになる。



キーボードからのテキスト入力には対応する?



答え:イエス



 テキストボックスを作り、そこにソフトキーボードから入力する形で、テキストを入力することは可能だ。ただし動作速度は緩慢で、まとまった文章を入力することは実質できないと考えた方がよい。パスワード入力など、やむを得ずキーボードから入力する場合のための補助という印象だ。



ノートのファイルの名前はどのように付けられる?



 「Note 1」「Note 2」「Note 3」のように連番で付けられる。この状態で「Note 2」を削除し、その後に新規作成を選択すると「Note 4」ではなく「Note 2」になるので、連番に空きがあれば埋めていくルールのようだ。それゆえデータの移動時に上書きしがちなので注意したい。個人的には日時+連番という形にしてほしかった。



ノートはデジタルペンがないと書けない?



答え:イエス



 左列のペン選択や消しゴムなどのツールは指先でも反応するが、ノートそのものの描画はデジタルペンしか使えない。そのためデジタルペンを持参し忘れると外出先でノートが取れなくなるので要注意だ。ちなみにデジタルペンで書きながら、左列に並ぶメニューを指先で操作するというワザも使える。



 続いて、ドキュメントビューワとしての使い勝手をチェックしよう。



●ドキュメント機能:電子書籍は読める? PDF表示の制限は?



電子書籍は読める?



 前述のように電子書籍アプリのインストールは行えないが、PDFであれば標準のビューアを使って読める。今回は試していないが、EPUB形式のファイルも表示できるとされている。



 ただし、右とじに対応していないので、縦書き書籍やコミックなど、右とじのコンテンツは、左右スワイプでのページめくりに違和感がある。左とじの書籍、技術書などを読むには役立つだろう。



PDFの利用で制限はある?



 試した限り、いくつかの制限がある。1つはパスワード付きPDFを開けないことだ。具体的には、開こうとした時点で「PDF Readerが停止しました」というメッセージとともにアプリがハングアップする。



 また注釈機能として、ハイライト/取り消し線/下線を追加できる他、Adobe Acrobatで記入した一般的な注釈ツール(テキストボックス、線、矢印、楕円(だえん)など各種図形)も表示可能だが、ノート注釈および各注釈ツールに追加したコメントはその内容を表示できない。



 そのため、注釈ツールを使って修正指示を書き込んだPDFは、本製品上では内容を把握できない。もともとパーソナルユース向けの製品ではあるが、こうした仕様ゆえ業務で使うのは難しいだろう。



●カレンダー機能:テキストで記入できる? 外部連携は?



入力できるのは手書きメモだけ? テキストでの入力は?



 カレンダーに入力できるのはデジタルペンを使った手書きメモに限定され、キーボードからテキスト入力を行うことはできない。アナログの手帳に時間や場所、内容などを小さい文字で書き連ねるイメージだ。作成したノートをひもづける機能もある。



外部カレンダーと連携できる?



答え:ノー



 本製品のカレンダーは単体で完結しており、Googleカレンダーなどの外部カレンダーとは連携できない。前述のように手書きメモしか記入できないという事情はあるにせよ、完全にスタンドアロンとなるため、用途はやや限られる。



カレンダーの表示ビューは月次カレンダーのみ?



 表示は月次カレンダーに限定されており、日次/週次などのビューに切り替えることはできない。ただし、カレンダーを日曜始まりから月曜始まりに切り替えることはできる。細かい配慮で、個人的には非常にありがたい。



●外部連携機能:Dropbox連携での制限は? 自動同期はできる?



PCへのデータ転送はどんな方法がある?



 3通りの方法がある。1つはケーブルでPCと直接接続し、ドラッグ&ドロップで転送する方法だ。もう1つはmicroSDカード経由でやり取りする方法で、最後はDropboxを使って転送する方法となる。



 機能によってはこれらの選択肢が制限されることがあり、例えばスクリーンショットはツール内にある「Images」でのプレビュー表示はできるが、microSDカードへの移動や、Dropboxでのアップロードはできない。またノートはそのままでは「.note」という形式でアップロードされるため、PCで開くのなら「.pdf」「.png」への変換が必要になる。



Dropboxの機能に制限はある?



 連携設定の画面はAndroidそのものなのだが、機能にはかなりの制限がある。1つは対象となるのがノートとドキュメントだけで、それ以外、例えばスクリーンショットのアップロードは行えない。また、フォルダー単位の自動同期はできず、アップロード/ダウンロードは全て手動となる。



 その他、ノートとドキュメントをそれぞれ別のアプリとして連携するので、両方を連携したければ連携設定を2度行う必要がある(余談だが、これを逆手に取って、ノートとドキュメントで異なるDropboxアカウントに連携させるというトリッキーなこともできる)。



●総評:基本機能は優秀だが価格が気になる



 以上ざっと見てきたが、細かいツッコミどころはあるものの致命的な不具合はなく、全体的には優秀な製品という印象だ。新製品とはいえ、本製品はクラウドファンディングを経由しており、その過程で一般的なガジェットの初期ロットにある不具合の多くが潰されているせいもあるだろう。



 特筆すべきは、やはりE Inkの挙動の速さだ。同社がかつて販売していたE Ink搭載のポメラは、タイピングに描画がついてこないという問題を抱えていたが、本製品はキーボードからの入力に非対応なので、結果的にそうしたラグをユーザーに感じさせない仕上がりになっている。



 一方で重量や駆動時間など、せっかくのE Inkの利点が失われている箇所は少なからずある。液晶タブレットと比べると「軽い! 長寿命!」となるが、過去に他のE Inkデバイスの利用経験があると、E Inkの長所を一部失ってしまっているようにも見える。



 そして最大のネックはやはり価格だろう。ノートデバイスで実売4万円台というのは、汎用(はんよう)性の高いiPad miniなどと比べても大差がないだけにためらってしまう。クラウドファンディングが目標額の10倍を超え、予定以上にコストも回収されているはずで、もう少し頑張れたのではという気がしなくはない(出資者に配慮したのかもしれない)。



 ネットで評判を見る限り、価格についてのツッコミがかなりの割合を占める本製品だが、同社製品は数カ月単位で見るとかなり値動きが激しいので、今回は予算の都合で見送るという人も(本稿執筆時点でAmazonは品切れ中という事情も加味しつつ)、価格の推移は当面チェックしておいた方がよさそうだ。


    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    ニュース設定