コロナ禍でバイト切りされた男子大学生がハマる「ママ活」の実態! 実際に“ママ”になってみた

19

2020年08月13日 16:02  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真写真はイメージ(Getty Images)
写真はイメージ(Getty Images)

 今年に入ってから新型コロナウイルスの影響か、アルバイトを切られるなど経済的に困窮した学生の間で「ママ活」が流行りつつあるという。

 男性が年の離れた若い女性とお茶や食事を共にすることで対価を支払う「パパ活」(肉体関係までいくと、援助交際というか実質個人売春なわけだが)という言葉は、メディアなどで喧伝されたりドラマの題材にされるなど、全国的に知られることになった。

 一方、認知度は低いが、女性が男性に対価を支払うのが「ママ活」だ。お茶や食事で3000〜5000円。それ以上の肉体関係を伴うものになると、1万5000〜2万円程度が相場とも言われているが、上限はパパ活同様キリがない。

 2018年には、ツイッターを通じて「ママ」を募集しようとした未成年男子(17歳)が補導されたケースがあったように、パパ活ほどではないが、都市部の男子学生を中心に広まっているようだ。

 そこで今回は、筆者が実際にママ活に挑み、そこで出会った男性の本音に迫っていこうと思う。

「ママ活」アプリに登録! すぐに「いいね」がつきまくる

 ママ活専用SNSアプリというのが、すでに存在する。大抵「大人の女性との恋活を応援」的な、ママ活をオブラートに包んだテキストが躍っているが、今回選んだアプリでは男性は大学のメールアドレスを登録することにより、大学名をプロフィールに掲載することができる。つまり、「高学歴男子を年上女性が応援する」というコンセプトだ。

 パパ活アプリにありがちな「夢に向かって頑張る女子を年上男性が応援する」といったぼんやりしたうたい文句と比べると、男性は「応援される側」になっても、看板が必要なのかもしれない。

 さっそく筆者もアプリに登録したところ、最初に「年齢」と「職業」の入力を求められた。試しに某有名パパ活アプリで男性として登録してみると、最初に求められるのは「年齢」に加えて「年収」「身長」だった。なお、どちらも後から詳しくプロフィールを追記することはできるので、最初に重要視される部分の差に、ジェンダーの非対称性を感じた。

 登録を済ませてすぐに、男性側からの「イイネ」が多数つきはじめる(業者アカウントの可能性も大いにあるが、男女比が偏っており女性にとっては買い手市場である可能性も高いと見た)。

 イイネリストには、美肌アプリで加工された小綺麗な男性の自撮り写真と共に、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学と、錚々たる学校名が並んでおり、意外なところでは防衛大学校の者もいた(防大は給料出るでしょ……)。

 男性陣のプロフィールの文言は「年上女性との出会いが欲しいです」「社会勉強のために登録しました!」といったものから、「ぶっちゃけママ活募集してます!」までさまざまだ。そんな数多のプロフィール投稿の中で、「コロナでバイト切られて困ってます」という、Kさん(21歳)にコンタクトをとってみた。

 ほどなくして、挨拶と共に「どうしてこのアプリを始めたんですか?」というメッセージが返ってきた。相手も詐欺やいたずらを警戒しているのだろうか。自分はライターであり、取材をさせてほしい旨を伝えると、快諾してもらえた。

 取材場所に指定した都内の喫茶店に現れたKさんは、物腰は柔らかく、服装もシンプルで今どきの大学生といった出で立ち。たとえば、ホストのような派手さは持ち合わせていない。

「本当はもっと髪形もきちんとしたかったけれど、今はお金がなくて、美容院に行くことができなくて……」と、Kさん。たしかにプロフィール写真に比べて髪の毛は長めだったが、こちらとしては気になるほどではない。普段から見た目には気を使っているのだろう。ダンスが得意で、一時期は芸能事務所に所属していたという。なるほど、ルックスがいいはずだ。

 取材ということで、こちらが一方的に質問する形になったが、ざっくばらんに話をしてくれた。Kさんは関東近郊の大学に通っており、居酒屋でアルバイトをしていたけれど、コロナの影響でシフトに入れなくなってしまったという。なお、一人暮らしなので家賃の捻出も目下の悩みなんだとか。

「3月くらいからバイト先の居酒屋も客足が減っていて、正社員や家族のいるパート社員にシフトも優先される方針になり、最近ついにクビになってしまって。コンビニやスーパーのバイトも応募したけど、“学生は採用しにくい”と言われ、10個くらい面接受けて全部落ちました。親もコロナの影響でボーナスがカットされたりして、前期の学費は収めたけど、後期はちょっとヤバいですね……。大学の学生給付金も申し込んでみましたが、ハネられてしまいました」(Kさん)

 実は居酒屋バイトの前にママ活の経験もあり、最初に始めたのは大学2年生の頃。ダンスとアルバイトの両立に悩んでいたところ、同じく芸能系の仕事をやっている友人から紹介されたのだそうだ。

「最初は、友達から教えてもらった六本木や新宿のバーで女性に声をかけて仲良くなったりしていました。それか専用アプリで知り合いますね。 ツイッターはいたずらや詐欺も多いから使わないです」

 なお、アプリに登録している女性は男性に比べて少ないので、詐欺や業者ではなさそうな女性には大抵「イイネ」をつけるという(そう、筆者が写真を厳選した意味はまったくなかったのだ!)。

 ママ活は、その語感のイメージよりもぜんぜん“健全”だとKさんは言う。「本当のお母さんみたいな感覚の人が多い」という。実際にKさんが経験談を話してくれる中で、相手の女性を「ママ」ではなく「お母さん」と呼んでいたのが印象に残った。いや、本当に実家の親を呼ぶ感覚の「お母さん」だったので……。とはいえ、金銭が発生しているので、完全に健全とはいえないわけだが。

「僕の場合は、決まった金額の提示はしてなくて、“女性が支払いたいときに支払う”という形でした。手持ちが少ないときは食事をおごってくれるだけ、多いときは5万とかでした。お金やモノを自分からねだったことは、ほとんどなかったですね。……誕生日のときくらいかな? そこは相手の判断に任せてました」

 毎回決まった金額をもらう“定額制”もあれば、彼の友人の中には月額数十万といった契約だったケースもあるそうだ。また、定期的にお小遣いをくれる「ママ」が2人くらいいれば、居酒屋などでアルバイトをするよりは生活がラクになるという。

 ひとつ気になるのが、特定のママ活相手との関係が継続する場合、セックスを求められることはないのだろうか?

「僕は一回もないです。僕らの需要ってそこじゃないんです。相手の話を聞いてあげるっていうか、癒してあげるというか……。女性用風俗ってあるじゃないですか、ヤリたい人はそっちに行くんですよ」

“ママ活”は至って健全? 女性は用途に合わせてサービスを選ぶ

 近年、男性が女性に性的なサービスを提供する「女性用風俗」は、男性のそれほどではないが、都市部を中心に広まっているという。女性の側も、ママ活、女性用風俗、あるいはホストクラブなど、自身の欲望の種類に合わせて課金先を選択しているのかもしれない(お金に余裕のある女性は、男性に比べて限られているとは思うが)。

 また、セックス ではなく「恋愛関係」を求められたりはしないのか聞いたところ、「それもなかったですね、それは“姉活”に近いんじゃないでしょうか」とのこと。「姉活」とはまた聞き慣れない言葉だ。

 Kさんいわく、ママ活よりも恋愛関係寄り(肉体関係もアリ)の場合はそう呼ばれるのだそう。ネットで検索してみたところ、「ママ活より年齢が若いだけ」「むしろ肉体関係がないのが姉活」など、定義は曖昧で、まだ浸透していない概念のようだ。

 では、どんな女性が“ママ”をやっているのだろうか。

「お金を持っているけど、使い所がない、忙しい女性が多いと思います。自分が出会ったことがある中で、一番インパクトがあったのは、アプリに“交通費出すから大阪まで来て”とメッセージを送ってきた人ですね。不動産経営者で忙しいからと、20分くらい話をするだけのために新幹線で大阪にいきましたね。それでお小遣いもらって帰りました(笑)。もしかしたら面接的な意味合いもあったのかもしれませんが……結局定期的に会うには至りませんでした」

 では、同世代ではない女性と交流することで、女性観に変化は起こるのだろうか。

「大学内の女子を見る目は変わりましたね、ちょっと子どもっぽいなあと感じるようになりました。この子たちはものを何も知らないんだ……って。今、彼女はいませんが、次に付き合うなら年上の人だと思いますね。お金目当てとかではなくて、人として経験を積んでいるから勉強になるし、色気があるというか魅力的じゃないですか」

 さらに自身の就職活動にも変化があったという。

「経営者の女性と話す機会も増えたので、勉強になります。そういう話って本来は有料のセミナーで聞くような話を、お金をいただきながら知ることができるのは、やっぱりメリットだと思います。そういう話を聴くと、刺激を受けるというか、就活も最初は安定志向だったけれど、ママの話を聞いているうちに、20代で経験を積んで、30代で起業したいと考えるようになりました」

 ゆくゆくは、大好きなダンスでもステージに立ちながら仕事を両立させていきたいと、将来の目標も語ってくれたKさん。彼の話から推察するに(すべて本当の話であることが前提だが)、 バイト切りに関しては休業や失業などで収入が減った人の家賃の支払いを、 行政が一部補助する「住居確保給付金」が適用されるかもしれないと感じたので、URLをアプリのメッセージ機能を使って送ったところ、 残念ながら「賃貸アパートの契約名義が親のため、適用されなかった」とのことだった。

 コロナ禍において、 行政のセーフティーネットも徐々に拡大されてはいるものの、 全員をフォローできるわけではないということを痛感した。

 ほかにもアプリを通してコンタクトをとった学生たちは、ほぼ全員がバイト切りに遭ったり、ブラックなインターンでやりがい搾取されていたりと、経済的な問題を口にしていた。皆、礼儀正しい“いい子”たちだったのだが、その“いい子”の背景にあるものを考えると、単純に「いい子でかわいいな〜」とも思えず、暗澹たる気分になるのであった。

このニュースに関するつぶやき

  • (´ω`)つまる所デリバリーホストクラブやなw
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 体の関係はないのねexclamation ��2
    • イイネ!12
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(15件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定