香川先発のサラゴサ、昇格PO準決勝ファーストレグはドロー…10人相手に苦戦

1

2020年08月14日 09:16  サッカーキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真レアル・サラゴサの香川(写真は7月のもの) [写真]=Getty Images
レアル・サラゴサの香川(写真は7月のもの) [写真]=Getty Images
 リーガ・エスパニョーラ昇格プレーオフ準決勝・ファーストレグが13日に行われ、香川真司が所属するレアル・サラゴサとエルチェが対戦。先発出場を果たした香川は86分までプレーした。

 リーガ・エスパニョーラ2部を3位でフィニッシュしたサラゴサは6位で終えたエルチェと、リーガ・エスパニョーラ昇格をかけて対戦。ファーストレグはエルチェのホームで開催された。

 試合は6分、相手のクリアミスに反応した香川がペナルティーアーク付近からシュートを放つが、ボールは枠の左に逸れる。30分、エルチェFWジョナタスがサラゴサDFジャワド・ヤミークの足を踏むと、ジョナタスは一発退場となり、エルチェは10人での試合を強いられた。

 35分、香川はボックス外の右寄りの位置で右足を振り抜き、ミドルシュートを放つ。しかし、ゴール左に狙ったシュートはGKの正面に飛んだ。前半を両チームスコアレスで折り返すと、後半も両チーム一歩も譲らず試合終了。

 エルチェとサラゴサの一戦はスコアレスドローとなった。セカンドレグはサラゴサのホームで16日に行われる。

【スコア】
エルチェ 0−0 レアル・サラゴサ

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定