小木博明、頭痛治療の合間の検査でがん発見「ショックだけどラッキーだった」

6

2020年08月14日 10:35  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真頭痛治療の合間の検査でがんを発見したことを明かした小木博明 (C)ORICON NewS inc.
頭痛治療の合間の検査でがんを発見したことを明かした小木博明 (C)ORICON NewS inc.
 13日深夜放送のラジオで、初期の腎細胞がん(ステージ1)であることを公表したお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明(48)が、14日配信のラジオの「アフタートーク」で、現在の心境を語った。

【写真】2017年には、番組収録で転倒し右鎖骨を骨折した小木

 小木はレギュラーのTBSラジオ『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』の13日深夜放送のエンディングで「腎細胞がんって言われたよ。告知されたよ」と突然発表。相方の矢作兼が驚く中、小木は「5センチくらいあるのかな。ステージ1なんだよ。でも、びっくりしちゃってさ」と語るなか、番組終了が近づき、小木は「とりあえず、みなさん、検査は行った方がいいね」と駆け足で締めくくった。

 番組終了後に収録された「アフタートーク」では、改めてがんであることを報告。小木は前週まで持病の偏頭痛治療の入院しており、治療が順調に進んだため「暇だから(検査を)受けられた。それで見つけられたって超ラッキー。先生方も言ってくれたのが『ラッキーでしたね』って」と、がん発覚の経緯を説明した。

 今年は「コロナでリスクがあるから人間ドックをやるつもりがなかった」が、医者から「今年受けなかったら、『死んでたかもね』って」と言われたことを告白。「告知されたときはショックだけど、偏頭痛が俺を助けてくれた。考え方によっては本当にラッキーだった」と振り返った。

 また、「みんなが思うやつだけど『まさか自分が』って。みんなに起きる可能性があるから、他人事だと思わないで。定期的な検査はしていったほうがいい」とリスナーに検査の重要性を呼びかけた。

 小木は17日から入院し、9月頭に復帰予定。ラジオは来週から2週ほど休むため、来週はゲストとしてアンタッチャブルの山崎弘也が出演する。

このニュースに関するつぶやき

  • 持病がある人のほーが健康だったり長生きしたりするものだ。日々気を付け、この例のよーに他の疾患がわかるからね。オイラも定期検診は欠かさず、いまのところ頭と顔と根性以外悪いところはないw(*´∇`*)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定